MENU

【リトルマーメイドと人魚姫違い】アリエルのストーリーの結末で伝えたいこと

リトルマーメイド人魚姫違い

<本サイトは記事内にPRが含まれています>

 

私たちが子供の頃に読んだり、見たりしたおとぎ話やアニメは、それぞれが独自の魅力や教えを持っています。その中でも特に人気のあるお話が、美しい人魚の姫が主人公の物語です。

その物語は大きく分けて二つのバージョンがあります。

一つはデンマークの作家ハンス・クリスチャン・アンデルセンが書いた「人魚姫」、もう一つはディズニーのアニメーション映画「リトルマーメイド」です。

これら二つの物語はどちらも人魚が主人公ですが、ストーリーやメッセージ、結末は大きく異なります。

この記事では、その違いを詳しく見ていきます。まず、アンデルセンの「人魚姫」とディズニーの「リトル・マーメイド」の違いについて探ります。次に、ディズニー版の主人公、アリエルの物語がどのように終わるのかを見ていきます。最後に、「リトル・マーメイド」が私たちに何を伝えたかったのか、そのメッセージを掘り下げます。

これらの物語が持つ違いを理解することで、物語がどのように私たちの心に影響を与え、感情を揺さぶり、そして人生についての深い洞察を提供するかを見ることができます。それでは、一緒にこの素敵な人魚の物語の旅を始めましょう!

この記事を読むことで以下の3つが理解できます:

  1. ディズニーの「リトル・マーメイド」とハンス・クリスチャン・アンデルセンの「人魚姫」の物語の違い、特にストーリーラインや主要キャラクターの性格、結末における違い。
  2. ディズニー版「リトル・マーメイド」の主人公、アリエルのストーリーがどのような結末を迎え、どのような物語が描かれているのか。
  3. ディズニーの「リトル・マーメイド」がどのようなメッセージを視聴者に伝えようとしていたのか、その核心的なテーマと意図。
目次

章1: リトル・マーメイドと人魚姫の違いとは

まず始めに、どちらの物語にも登場する主人公は美しい人魚です。彼女たちは海の底で生活していますが、人間の世界に強く憧れています。ここまでは、ディズニーの『リトル・マーメイド』とアンデルセンの『人魚姫』は同じです。

しかし、物語が進むと違いが見えてきます。アンデルセンの『人魚姫』では、人魚姫は人間の王子に恋をし、自分が人間になるために声を捨ててしまいます。しかし、結局は王子は他の女性と結婚し、人魚姫は泡となって海に戻ってしまいます。

一方、ディズニーの『リトル・マーメイド』では、人魚のアリエルもまた人間の王子エリックに恋をします。彼女もまた人間になるために声を失いますが、最終的には悪い海の魔女を倒し、王子と結ばれて幸せになります。

ハンス・クリスチャン・アンデルセンの『人魚姫』のあらすじ

美しい海の底に住む若い人魚姫は、海面上の世界に深い興味を持っていました。15歳の誕生日に、ついに海面に上がる許可を得ます。そこで彼女は嵐で船から投げ出された若い王子を助け、彼に恋をします。しかし、人間と交わるためには声を捧げて足を得るしかないという魔女から聞きます。人魚姫は王子に愛されることで人間になることができますが、もし王子が他の女性と結婚すると人魚姫は泡になって消えてしまいます。結局、王子は他の女性と結婚し、人魚姫は泡になり、消えてしまうのです。

人魚姫の物語のポイント

人魚姫の物語では王子は別の女性と結婚することになります。

人魚姫は、王子の胸を短剣で刺して自分も命を絶てば、元の人魚の姿に戻れると思っていました。

しかし、彼女は王子を傷つけることができず、自ら海に飛び込み泡となって消えてしまいます。

この結末はとても切なく悲しいものです。

しかし、人魚姫の最後の行動からは、彼女の王子への愛と優しさを感じることができるのではないでしょうか。

ディズニーの『リトル・マーメイド』のあらすじ

一方、ディズニーアニメの「リトルマーメイド」は明るく、ワクワクするような素敵な結末で、心を明るくしてくれます。

海の底の王国で生まれた美しい人魚のアリエルは、人間の世界に憧れています。ある日、船上のパーティーに出席していた王子が嵐で海に落ち、それを助けたアリエルは彼に恋をします。しかし、彼女が人間になるためには、悪の海の魔女ウルスラに自分の声を取引に出さなければなりません。アリエルは取引を行い、人間の姿になりますが、ウルスラの陰謀により困難が生じます。しかし、アリエルとその仲間たちはウルスラを倒し、最終的には父親である海の王トリトンから人間への変身を許され、アリエルと王子は結ばれます。

人魚姫とは全く異なるハッピーエンドの結末になっています。

物語の中に出てくる「リトルマーメイド」と「人魚姫」の違い

更に「リトルマーメイド」と「人魚姫」の物語の中にはいくつかの違いがあります。以下に詳しく説明します。

  1. 人魚のルールの違い:

  • 「リトルマーメイド」では、主人公のアリエルは15歳になるまで海の上を見に行くことができません。
  • 一方、「人魚姫」では、15歳になると人魚姫は海の上を見ることができます。
  1. 魔女の示す交換条件の違い:

  • 「リトルマーメイド」では、魔女はアリエルの美しい声を引き換えに人間の姿に変えてくれます。
  • 一方、「人魚姫」では、魔女は人魚の声を引き換えにヒレが足に変わる薬を与えます。しかし、足に変わった後は激痛を伴い、王子と結ばれなければ海の泡になってしまいます。
  1. 人魚姫の祖母の登場の有無:

  • 「リトルマーメイド」では、アリエルが魔女に会いに行く前に祖母に相談する場面はありません。
  • 一方、「人魚姫」では、人魚姫は魔女に会いに行く前に祖母に相談します。祖母は人間の命が短く、王子が人魚を愛するはずがないということを伝えますが、それでも人魚姫は王子への想いに従って魔女のもとに行く決断をします。

以上のように、細かな部分で「リトルマーメイド」と「人魚姫」には違いがあります。これらは結末の違いへと導くための布石となっています。

章2: リトルマーメイド人魚の主要キャラクターの違い

人魚姫とアリエル、王子、そして海の魔女の違いに注目しましょう。

この部分では、アンデルセンの「人魚姫」とディズニーの「リトル・マーメイド」の主要キャラクターたち、つまり人魚の主人公、王子、そして海の魔女について比較しています。これらのキャラクターたちは、物語間で役割が似ているものの、性格や行動などは大きく異なります。

  1. 人魚の主人公: アンデルセンの物語では人魚姫は静かで思慮深く、人間の世界に対する深い憧れを持っています。一方で、ディズニーのアリエルは活発で好奇心旺盛であり、そしてとても勇敢です。困難に直面しても決してあきらめません。
  2. 王子: 王子についても、両者で描かれ方が異なります。アンデルセンの物語における王子は人魚姫が恋をする対象であり、彼女を救ったのは海の精霊だと誤解しています。一方で、ディズニーの物語ではエリック王子はアリエルが自分を救ったことを知り、彼女を見つけ出すために努力します。
  3. 海の魔女: アンデルセンの物語では魔女は名前がありませんが、人魚姫に人間になるための助けを提供します、しかし代償として彼女の声を取ります。ディズニーの物語ではウルスラという名前の魔女は、アリエルの声を奪いつつ彼女に人間の姿を与えますが、これは彼女自身の目的を達成するための陰謀の一部でより具体的な敵役として描かれています。

このように、物語は同じキャラクターを描きながらも、その特性や動機、行動が異なり、それによって全く異なるストーリーが展開されています。

章3: メッセージの中核:リトル・マーメイドと人魚姫の物語のテーマを探る

それぞれの物語は、異なるメッセージを伝えています。

アンデルセンの『人魚姫』は、愛のための犠牲と結果的な報われなさを強調しています。人魚姫は王子への愛のために声を捧げ、最後には彼の幸せのために自己を犠牲にします。この物語は、愛の悲しみと犠牲についての深い洞察を提供します。

一方、ディズニーの『リトル・マーメイド』では、勇気、自由への願望、そして自己を信じることの重要性が強調されます。アリエルは困難を乗り越えて自己実現を達成し、最終的には自分が望む愛と生活を手に入れます。

章4:アリエルのストーリーの結末:幸せな結末か悲劇か

人魚姫とリトル・マーメイド結末の対比

物語の結末も、両者の大きな違いを示しています。アンデルセンの物語は悲劇的な結末を迎え、人魚姫は泡になって海に帰ります。一方、ディズニー版では、アリエルは最終的にウルスラを倒し、人間としての生活と愛を得まます。

このようにリトル・マーメイドのアリエルのストーリーの結末はハッピーエンドとなっています。

 アンデルセンからディズニーへ: 物語の変容

ディズニーがアンデルセンの物語をどのようにアダプテーションしたかを考えると、時代と観客の変化を反映しています。ディズニーはアンデルセンの元の物語からいくつかの要素を維持しながらも、より楽観的な結末と主人公の性格を提供し、観客に希望と勇気を伝えることを選びました。

章5: リトル・マーメイドが伝えたかったこと

ディズニーの「リトル・マーメイド」は、単にエンターテインメントとして楽しむだけでなく、視聴者に対して重要なメッセージを伝えています。そのメッセージとは何でしょうか?

次のセクションでは、このメッセージについて詳しく見ていきます。

ディズニーの「リトル・マーメイド」の中心的なテーマは「自分自身であることの大切さ」と「愛と友情の力」です。アリエルは、自分自身を変えてまで人間の世界に参加したいという強い願望を持っていますが、最終的には彼女自身の価値を理解し、自分らしさを大切にすることの重要性を学びます。

また、物語を通じて、友情と愛がいかに強力で、困難な状況を乗り越える力があるかを描いています。アリエルは、彼女を支え、愛してくれる友達や家族の助けがあって初めて、ウルスラの陰謀を打ち破ることができました。

このように、「リトル・マーメイド」は、自己受容、友情、そして愛の力という、深く共感できるテーマを描いています。これらは、視聴者が物語から得ることができる大切な教訓であり、ディズニーが伝えたかったメッセージです。

章6: エピローグ: 人魚の物語とその普遍的魅力

結論: 両者の違いとその影響

最後に、これらの物語の違いがどのように私たちに影響を与えるかを考えてみましょう。アンデルセンの物語は深い感情と人間の矛盾を描き出し、ディズニーの物語は自己実現と希望のメッセージを強調します。どちらも価値ある視点を提供し、私たちが自分自身と世界を理解する手助けをしてくれます。

物語の終わりに、人魚の物語がなぜこんなにも私たちを引きつけるのか、その理由を考えてみましょう。それはおそらく、未知なる世界への憧れ、愛への深い願望、自己犠牲と自己実現の間で揺れ動く葛藤など、私たち自身の内なる感情と経験を反映しているからでしょう。

それぞれの物語が伝えるメッセージは異なりますが、その中心には常に美しい人魚が存在しています。彼女たちは、私たちが探求し続ける愛と自己認識の象徴となっています。アンデルセンの『人魚姫』もディズニーの『リトル・マーメイド』も、その語り方は違えど、私たちの心を捉え、深く考えさせてくれます。

それぞれの物語が何を教えてくれるのか、それは読んだり観たりする人の心次第です。しかし、どちらの物語も、人魚の物語が時間を超えて愛され続ける理由を教えてくれます。それは、物語が私たちの心に触れ、私たち自身の物語とつながる力があるからです。

リトルマーメイド実写ひどい?いや歴史を変える作品と絶賛の声も!

Anthology
リトルマーメイド実写ひどい?いや歴史を変える作品と絶賛の声も! | Anthology 実写版の『リトル・マーメイド』がひどい!批判殺到している理由とは ディズニーのプリンセスたちは、美しく、歌がうまく、天然で愛らしく、好奇心旺盛、そして誰からも愛...

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次