MENU

西河原公園ホタル鑑賞穴場2023アクセスや駐車場|大阪府茨木市

日本のホタルの種類と見分け方

<本サイトは記事内にPRが含まれています>

 

夏の夜空を美しく照らすゲンジボタルを、都市部の公園で鑑賞するという特別な体験をしてみませんか?

「大阪みどりの百選」西河原公園では、保護されたホタルが毎年6月に幻想的な光を放ちます。本ブログでは2023年のホタルの見頃、アクセス方法、そして公園の見どころについて詳しくご紹介します。都市部に住む皆さんもこの機会に、自然の美しさと大切さを改めて感じてみてはいかがでしょうか。

【関連記事】大阪ホタルが見れる場所・穴場9選2023見頃とアクセス情報

【関連記事】ホタルを見に行く前に知っておきたい日本のホタルの種類の見分け方

大阪府茨木市城の前町1
西河原公園

名称 西河原公園
住所 〒567-0014 大阪府茨木市城の前町1
見頃の時期/時間 毎年6月初旬
ホタルの観賞エリア 水路沿い
ホタルの種類 ゲンジボタル
匹数 ※具体的な数は未提供
入園料 無料
アクセス/駐車場 R171からのアクセスが便利。公園近くに駐車場あり。駐車料金は8:00~20:00は30分100円、20:00~8:00は60分100円。
問合せ先 https://www.city.ibaraki.osaka.jp/ibarakidayori/2016/id160601/id160620.html

注意:住所、問合せ先、ホタルの具体的な数については具体的な情報が提供されていません。公園を訪れる前に、公式ウェブサイトや地元の観光案内所などで最新情報を確認してください。

 

目次

ホタルの見頃はいつ

ホタルの見頃はいつ

ホタルの見頃はいつ

初夏の風物詩として知られるホタルはその神秘的な光で多くの人々を魅了します。しかし、その美しい光を見るためには、いくつかの条件が揃う必要があります。

種類と地域によって見頃は変わる

まず、ホタルの種類によって見頃が異なります。一部の種類は春に活動し、一部は初夏に活動するため、ホタルの種類によって見頃が変わることを覚えておいてください。

  • ゲンジホタルの観賞時期は5~7月
  • ヘイケホタルは6~8月が一般的

次に、地域と季節も見頃に大きく影響します。一般的には、ホタルは5月から7月にかけての暖かい季節に活動することが多いですが、地域の気候や標高によっても見頃は前後します。

ホタルの時期と季節

ホタルの見ることができる時期は地域によって異なり、次のようになります。

  • 九州の南部: 5月中旬から見ることができます。九州の南部は日本の中でも比較的暖かい地域なので、他の地域より早い時期にホタルが現れます。
  • 中国地方・近畿地方: 5月下旬になると、中国地方や近畿地方でもホタルが見られるようになります。これらの地域では、春が深まり、環境がホタルに適してくるためです。
  • 関東地方: 6月上旬には関東地方でホタルが見られるようになります。関東地方は比較的温暖な地域であるにも関わらず、九州や中国・近畿地方と比べて少し遅めにホタルが出現します。
  • 北陸地方・東海地方: 6月中旬になると、北陸地方や東海地方でもホタルが見られるようになります。これらの地域は比較的寒冷な地域であるため、ホタルが現れるのは他の地域よりも少し遅めです。

それぞれの地域でホタルが見られる具体的な時期は、その年の気温や天候によって変動する可能性があります。また、ホタルは静かで清潔な水辺を生息地とするため、自然環境が保たれている場所でなければ見ることができません。

ホタル見学は天候に気をつけよう

また、ホタルの活動は天候にも影響を受けます。雨や風の強い日はホタルが光らないことが多いので、穏やかな天候の日を選びましょう。

そして、一晩の中でもホタルは特定の時間帯に活動します。多くの種類が夕方から夜にかけて光ることが多いので、その時間帯に観察すると良いでしょう。

ホタルの生態

ホタルが光る理由は

ホタルが光る理由は

ホタルは卵、幼虫、成虫の3つの段階を経て一生を送ります。特に幼虫の期間は2年以上に及ぶことがあり、この間に体を成長させて成虫となります。

ホタルが光るのは、主に交尾のためです。雄が雌を引き寄せるために光を放ち、それに応えて雌も光を放つのです。

また、ホタルは湿度の高い森林や川辺などに生息し、幼虫の時期は地中や水辺で過ごします。食事は主に昆虫やミミズなどを食べますが、天敵としてはカエルやクモなどがいます。

ホタル見学の注意点

ホタル見学の注意点

ホタル見学の注意点

ホタルを観察する際には、自然環境への影響を最小限にするためのエチケットを守ることが重要です。ホタルの生息地を荒らさないようにし、ホタルを直接触らないように注意しましょう。

夜間の安全性

また、夜間の安全も重要です。暗闇での移動は危険なため、必要な場合はヘッドライトや懐中電灯を用いて足元を照らすことが重要です。ただし、ホタルの観察には暗い環境が必要なので、必要最低限の明るさに調節し、ホタルがいる方向に直接光を当てないようにしましょう。

虫よけスプレーやフラッシュライト

虫よけスプレーやフラッシュライトの使用についても注意が必要です。虫よけスプレーの成分がホタルに影響を与える可能性があるため、使用する場合はホタルがいない場所で吹きかけ、効果が落ちたら再度使用するようにしましょう。また、フラッシュライトの強い光はホタルの行動を乱す可能性があるので、使用は控えめにしましょう。

雨天の日はホタルは見られない?

天候や季節による観察の影響も考慮に入れることが重要です。例えば、雨天の日はホタルの活動が低下する可能性があるため、晴天を選ぶと良いでしょう。また、季節によってホタルの種類や活動パターンが変わるため、その地域の情報を事前に調査しておくと良いでしょう。

最適な服装と持ち物で

最後に、適切な服装と持ち物も重要です。ホタルを見に行く場所は自然豊かな場所が多いため、虫刺されを防ぐための長袖、長ズボン、帽子等を着用しましょう。また、足元が悪い場所もあるため、歩きやすい靴を選び、必要に応じて虫除けスプレーや水分補給のための飲み物などを持参すると良いでしょう。

これらのポイントを押さえつつ、ホタルの美しい光を楽しむことができれば、きっと素晴らしい体験となるでしょう。

西河原公園のホタルの2023年の見頃

西河原公園のゲンジボタルは毎年6月上旬に見頃を迎えます。ここで飼育され、公園内の水路に放流されるホタルは、一年間の成長を経て美しい光を放ちます。その光は特に6月初旬が最も美しいとされています。

西河原公園のホタル鑑賞アクセスと駐車場

西河原公園へは車でのアクセスが便利です。国道171号線から入ってすぐの位置に公園があり、近くには有料駐車場も設けられています。ただし、駐車台数は限られていますので、早めの到着をお勧めします。

西河原公園のホタルの見どころ

ホタル鑑賞の醍醐味は、暗闇の中で舞うホタルの光を追いかけることです。公園内の特設看板から国道171号線沿いの入口までのエリアで、ホタルの光を楽しむことができます。

西河原公園のホタルのおすすめのポイント

ホタル観賞のおすすめのポイントは、公園内の水路です。ここではホタルが生息し、幻想的な光を放つ姿を観ることができます。また、昼間の西河原公園では、冷たい石の上を裸足で歩くことができる健康歩道もおすすめです。

イベント情報

市ではホタルの鑑賞会を毎年6月に開催しています。特に2023年は6月3日から5日までの期間で開催されました。期間中は公園内の照明が消され、ホタルの光をより美しく鑑賞できるよう配慮されます。また、多くの人々がホタルの光を楽しみ、自然の大切さについて考える機会となります。

まとめ

西河原公園では毎年6月初旬に見頃を迎えるホタルを鑑賞することができます。市街地でも自然の美しさを感じることができる貴重な場所です。車でのアクセスが便利で、公園内には駐車場も完備されています。是非この機会に、ホタルの舞う幻想的な夜を体験してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次