MENU

【コーヒーサブスクカフェ】のメリットとデメリットを徹底比較

【コーヒーサブスクカフェ】のデメリット
  1. コーヒーを月額定額で飲めるカフェとは
  2. コーヒーサブスクカフェのメリット
  3. コーヒーサブスクカフェのデメリット

今人気の定額制(サブスク)でコーヒーのサービスを開始しているカフェが急増中。コーヒーを月額定額で飲めるカフェのサービスってどんなサービスなのでしょうか?
またカフェの定額制(サブスク)ってどれくらいお得なのか?
コーヒー&カフェのサブスクのメリットとデメリット、そして全国の月額制で飲み放題のお店やドリンクが割引になるコーヒーのサブスクをやっているカフェを紹介します。

【関連記事】コーヒー豆をサブスクで注文してみた。

あわせて読みたい
PostCofeeを注文してみた!評判や解約方法も【コーヒーサブスクリプション体験談】 この記事の内容 コーヒーのサブスクリプションのメリット・デメリット PostCoffeeが届いた PostCoffeeを作って飲んでみた感想 コーヒーのサブスクが人気ですが 実際どう...
目次
スポンサードリンク

カフェ のサブスクサービスとは

モバイルワークやテレワーク、勉強や読書に1杯のコーヒーで快適な場所を提供してもらえるカフェを使う機会が増えています。こんな方におすすめしたいのが定額でコーヒーをサービスしてくれるサブスクカフェです。

サブスク(サブスクリプション)とは月額の定額制で受けられるサービスでAppleの音楽配信やNetflixなどの動画配信の普及で一般的になってきましたが、月々の定額でカフェのコーヒーが飲めるサービスや自宅にコーヒー豆が毎月定額で届くコーヒーのサービスも人気が出ていています。

通常、商品やサービスは注文のごとに金額(利用料)が発生します。しかしサブスクならどれだけ商品を使っても、どれだけサービスを受けても、料金は定められた一定額から変わらないので特徴です。

またサブスクと似た言葉に「定額制」というものがあります。
こちらは一定の範囲内で商品・サービスの内容を決めて提供するサービスのことです。

コワーキングスペースより断然安いカフェサブスク

カフェのサブスク普及には
コワーキングスペース利用と比べて格段に安い、手続きが簡単なことがあると思われます。

コワーキングスペースでもコーヒーは飲めますが、カフェに比べれば場所代が高くなってしまいますね。
また、カフェのサブスクサービスは毎回カフェでコーヒーを注文するより1杯の料金が割安になるところが魅了ですが、合わせてコーヒー以外の飲み物や食べ物などの通常価格からの割引などの特典があるカフェもあります。

カフェをよく利用される方にとってはコーヒーのサブスクはメリットの多いサービスです。
よく行く地位域でやっているカフェのサブスクサービスの内容などを検討してみてもいいでしょうね。

スポンサードリンク

カフェ のサブスクのメリット

割引やお得感 特典は

カフェ利用される方にとってカフェのサブスクサービスは以下のようなメリットがあります

月額定額でコーヒーが割安で飲める
コーヒー以外の商品の割引などの特典がある
割安でコワーキングスペースとしても使える

簡単に気軽に解約できる

月額定額でコーヒーが割安で飲める

例えば1杯380円のコーヒーが月額3800円で何杯でも飲み放題などのサービスがカフェのサブスクの魅力です。

例えば あるサブスクカフェは
月額3,000円で通常480円のコーヒーを無料で飲むことができますのでわずか7杯でもともとをとれます。

サブスクサービスは利用頻度が高いほどお得になるサービスです。
通勤や通学途中でカフェを使う機会が多い方はカフェのサブスク利用でどれくらいお得なのかが一目瞭然ですね。

コーヒー以外の商品の割引などの特典がある

また、カフェでモバイルワークや勉強、読書などをしているとお腹が空いたりするもの。こんなときもカフェのサブスクメンバーになっておくとドリンクや食事の割引の特典をやっているところも多いのでトータルとしてのお得感も増大します。

割安でコワーキングスペースとしても使える

コワーキングスペースと比べて非常に安価にテレワークや勉強の場として使えるのがカフェの魅力です。
その場合、前もって電源の有無やWifiの利用環境、BGMの音量そして混雑の状態などを調べておくと良いでしょう。

簡単にはじめて気軽に解約できる

カフェのサブスクは1ヶ月単位で更新しているところが多く、金額も安いためネットから簡単にスタートできて、合わないと思えばネットで簡単に解約も可能です。
気軽にお試しできるところもカフェのサブスクの良いところです。

カフェ のサブスクのデメリット

どんなデメリットがある

全く利用しない利用頻度が低くても一定の料金がかかる

コワーキングスペースとくらべて環境の差があるケースも
解約忘れで無駄な料金が発生する場合もある

利用が少ない場合はコストが割高になる

全く利用しない、または利用頻度が低くても一定の料金がかかるのがサブスクや定額のサービスです。
あらかじめ利用の回数や利用できる場所などかも考えて契約しましょう。

コワーキングスペースとくらべて環境の差があるケースも

テレワークなどで利用したい場合電源の有無、Wifiの利用可否なども調べておきましょう。サブスクカフェの中には純粋にコーヒーを楽しむことが目的のカフェもあり、電源やWifi環境がないケースもなります。

また勉強や読書に使う場合も含めると
店内のBGMや騒音の状況、混雑する時間帯などもあらかじめ調べておくと良いかと思います。

解約忘れで無駄な料金が発生する場合もある

サブスク全般で問題になっているのが解約の問題です。解約するのをうっかり忘れてしまうと利用していないのに料金が発生してしまいます。
サブスクの無駄な料金の発生原因はうっかり解約忘れや解約方法がわからなかったことなどがあります。

契約後にトラブルや損失が無いように契約前に解約方法や解約時のペナルティ(違約金)の有無、解約した場合のサービス残存期間なども調べて置くことを推奨します。

コーヒーカフェのサブスク選びのポイントは

お得に快適にカフェを利用するためにはサブスクのデメリット部分をよく考えてカフェのサブスク選びを行いましょう。

カフェサブスクの選び方のポイントをまとめると

利用頻度を考えて選ぶ

利用すれば利用するだけコスパがよくなるサブスクです。まずは月間どれくらい利用するのかを考え選びましょう。

場所を考えて選ぶ

どんなにコスパやサービス内容が良くても、あまり行かない地区や自宅や職場、学校などからの交通の便が良くなければ利用しなくなってしまうケースがあります。場所を考えて選ぶことも大切です。

環境を調べておく

コワーキングスペース代わりに使うなら
電源やWifi 机のスペースBGMの音量や混雑時間、騒音などあらかじめ調べておくことが大切です。

解約方法や解約時のペナルティに注意

サブスクのトラブルの大半が解約に起因するものです。
契約前に解約方法や解約ペナルティの有無はしっかり調べておきましょう。

また利用しない場合は解約忘れに注意しましょう。

おすすめのカフェサブスクの紹介

こちらでは代表的なカフェのサブスクと定額利用サービスをご紹介します。

ゼロCoffee

東京都内を中心に福岡・神奈川・石川・愛知に約40店舗カフェのサブスクサービスを行っているのがゼロCoffee
です。月額3980円でコーヒーは何杯でも飲み放題なのでお得感満載。
また、電源やWifi環境もあり、提携店として夕方から夜にかけて営業となる店舗を使ったサービスを展開しているため日中は比較的混雑がくすなく使いやすいというメリットもあります。

名称 ゼロCoffee
店舗数 40店舗 首都圏を中心に東京・福岡・神奈川・石川・愛知
サブスクの内容 月額3980円でコーヒー飲み放題
電源・Wifi 電源あり Wifi利用可
HP https://www.zerocafe.info/

上島珈琲のサブスク【定額サービス】

カフェの老舗的な存在の上島珈琲がサブスク【定額サービス】を開始したので内容をご紹介します。対象店はまだ10店舗【225月現在】と限定的ですが今後増えてゆくことが予想されます。上島珈琲のサブスクサービスは通常470円のコーヒーを割安の価格で飲めることです。

また、3種類のサブスク【定額サービス】から好みにあったものを選んで契約することが可能です。

名称 上島珈琲
店舗数 都内を中心に約15店舗
サブスクの内容 ①朝活8

モーニングトーストセットが8回まで月額3,000

②ウィークディパスポート

平日限定1/日 月4,000円でネルドリップコーヒーもしくはアイスコーヒー

③ネルドリップコーヒーパスポート

1/日 月5,000円でネルドリップコーヒー アイスコーヒー

電源・Wifi 店舗によって環境が異なる
HP https://www.ueshima-coffee-ten.jp/news/information/detail?id=10

 

全国のカフェのサブスクリンク

 

東京

 

大阪

 

 

スポンサードリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる