MENU
スポンサードリンク

蘭州ラーメン 東京おすすめ!神保町「馬子禄」に行ったら蘭州ラーメンに病みつき

東京おすすめ蘭州ラーメン
スポンサードリンク

蘭州ラーメン 横浜中華街と神保町がテレビニュースで放送されていました。
また、この蘭州ラーメンハラル認定ということで外国の人への人気も期待されているそうです。

中国で最も有名なラーメンと言われている蘭州ラーメンが
今年日本で相次いでオープンしています。

目次
スポンサードリンク

蘭州ラーメンとは

蘭州ラーメンとは マーズルーの蘭州ラーメン

蘭州ラーメンとは 「馬子禄(マーズルー)」の蘭州ラーメン

「蘭州ラーメン」って聞いたことがありますか?

中国蘭州ラーメンの名店「馬子禄(マーズルー)」がついに日本初上陸したのが2018年
ジワジワと人気が出てきた中国の蘭州発のラーメンです。

蘭州とは、中国北西部の甘粛省にある都市の名前そこで食べられているのが「蘭州ラーメン」

「蘭州ラーメン」豚骨ラーメン屋や醤油ラーメンとは全く違ったあっさり系のラーメンで蘭州では朝食にも食べられています。

蘭州ラーメンの特徴は牛肉スープと麺

蘭州拉麺っていったいどんな味?

蘭州ラーメン特徴は牛肉を使っているスープと麺にあります。

日本には博多ラーメンなど豚骨スープや焼豚をのせたラーメンはありますが
蘭州ラーメンは牛肉を使っています。

蘭州ラーメンの味の特徴はスープは牛骨をベースに、数種類の香辛料が入っていて少しピリ辛なんですけれども、香辛料が効いていてあっさりしています。

また厚切りの牛肉に大根やパクチーをトッピングしていてこれもなかなかいい味なんです。

蘭州牛肉拉麺の麺の特徴

蘭州ラーメンの特徴は牛肉スープと麺

蘭州ラーメンの特徴こちらの麺は平打ち麺 (馬子禄 牛肉面)

麺はやや太めで他のラーメンと違って、とてもモチモチした麺です。
ただ、麺は太麺・細麺・平麺など様々な種類があってあって選べるのも蘭州ラーメンの特徴となっています。

中国の北西部にある蘭州で古くから食べられているいるという、麺はモチモチ食べやすくあっさり・さっぱりした味

本場中国では朝早くから蘭州ラーメンの店は賑わっているようです。朝食に蘭州ラーメンを食べるのです。中国では、蘭州ラーメンは庶民的な味で親しまれています。

中国でのラーメン一杯の値段は日本円で370円ほどです。お店によっては1日で約800倍も売れているそうです。

国内でもすでにリピーターも多く店「馬子禄(マーズルー)」が日本初上陸から東京にも蘭州ラーメンのお店が続々とオープンしています。

スポンサードリンク

蘭州ラーメンはまずい?

私の結論「蘭州ラーメンはめちゃ美味しい」

ネットで検索すると「蘭州ラーメン まずい」などのキーワードが出てきますが
蘭州ラーメンはまずいのでしょうか?

当然、食べ物なので好き嫌いはありますが「蘭州ラーメン」はあっさりしていて、臭いも無いので少なくとも豚骨ラーメンに比べると好き嫌いは少ないと思います。

実際食べてみて美味しい!病みつきになりました。

では早速ですが「蘭州ラーメン」の人気店東京の神保町の「馬子禄(マーズルー)」に行った感想を紹介します。

スポンサードリンク

東京おすすめ蘭州ラーメン神保町「馬子禄」

東京おすすめ蘭州ラーメン神保町「馬子禄」

東京おすすめ蘭州ラーメン神保町「馬子禄」

東京都内の神保町に2017年8月に日本で初の蘭州ラーメンの店がオープンしました。
お店の名前は馬子禄 牛肉面
読み方ですが「馬子禄」と書いて「まーずるー」と読みます。

蘭州ラーメン神保町「馬子禄(マーズルー)」

住所東京都千代田区神田神保町1-3-18
営業時間 昼の部:11:00~15:00(L.O.) 夜の部:17:00~20:30(閉店)
アクセス

「神保町」駅A7出口から出て古本屋街にある日本での蘭州ラーメンブームの火付け役が「馬子禄(マーズルー)」

実は2017年の開店直後に行ったのですが店内は超満席で店の外には行列もできていましたのでこのときは断念で再度1年後にチャレンジして食べてきました。

蘭州ラーメン神保町「馬子禄」めちゃ美味しい!

蘭州ラーメン神保町「馬子禄」

蘭州ラーメン神保町「馬子禄」

こちらのお店では三角麺 平麺 細麺の3種類の麺を使用しています。
注文が入ってから麺は伸ばしますのでモチモチ感のある麺が楽しめます。

神保町にある「馬子禄(マーズルー)」蘭州ラーメンを味わってきました。夜間営業始めたということで、昼よりは入りやすいと思います。超美味しかったので病みつきになりました!

2017年のオープン当初から大行列人気店です。

蘭州ラーメン「馬子禄(マーズルー)」は手打ち麺が魅力

蘭州ラーメン神保町「馬子禄」 細麺

蘭州ラーメン神保町「馬子禄」 こちらは細麺

「馬子禄(マーズルー)」では蘭州ラーメンの特徴であるモチモチとした食感の自家製麺は細麺・平麺・三角麺から選べます。また厨房では手打ちの製麺もしている本格派のお店ですので中国方からも「本場・故郷の味」と評価の高いお店です。

ついに蘭州ラーメン神保町「馬子禄」をべることができたのが2017年の開店から翌年くらいでしょうか?16時頃に行ってみましたが準備中 夕方の部は17時開店だったので近くで時間をつぶしてそれからGo!

「馬子禄(マーズルー)」の蘭州ラーメン

蘭州ラーメン神保町「馬子禄」店舗

蘭州ラーメン神保町「馬子禄」店舗

ここの蘭州ラーメンは香草の香りとラー油のスパイシーな香りが際立っています。

牛骨で取ったダシはあっさりで臭みは全くなく「とんこつラーメン」が苦手な方にもおすすめ。麺はモチモチなのにあっさりしていてにゅーめんのような感じにラー油のアクセントとパクチーの華やかな風味が絡んでもうやみつきになるくらいです。

そしてラーメンを注文するとトールサイズの緑茶がついてくるのもうれしいですね!
この緑茶は蘭州ラーメンの辛さに合わせての量ですし緑茶も美味しい

この緑茶喫茶店で出せば有料級でしょう。

「馬子禄(マーズルー)」のメニュー

「馬子禄(マーズルー)」のメニューは蘭州牛肉面(ランシュウギュウニクメン)950円(税込)を昼飲に非常にシンプルながら組み合わせの楽しみのあるメニューです。

蘭州牛肉面’ランシュウギュウニクメン)950円(税込)

蘭州ラーメン神保町「馬子禄」のメニュー

蘭州ラーメン神保町「馬子禄」のメニュー

まずは、入店すると麺の種類と太さをお選びます。麺は9種類!

後は好みに応じて

  • パクチー抜き
  • ラー油抜き
  • 黒酢追加

紙エプロンもしっかりしたものを頼むことができます。

トッピングメニューの追加は以下が選べます

【トッピング】牛肉大盛200円(税込)

【トッピング】パクチー大盛150円(税込)

【トッピング】葉ニンニク大盛150円(税込)

【トッピング】大根大盛100円(税込)

その他メニュー

百果茶(バイグォチャ)500円(税込)

茴香水餃子/三鮮鶏肉餃子450円(税込)

中国野菜の冷菜三種盛り450円(税込)

茶卵200円(税込)

蘭州ラーメンハラル認証とは?

蘭州ラーメンは豚を使ってないのでハラル料理のラーメンといわれています。

ハラル認証(ハラル料理)とは

ハラール認証(ハラル認定)は、 イスラム教の戒律に則って調理・製造された商品であることを証するシステムのこと。 ハラール(ハラル)とはイスラム法において「合法なもの」の意味で、イスラム教徒(ムスリム)は「豚肉(豚由来の食品や添加物を含む)」「血液」「酒類」「イスラム法に則って食肉処理されていないもの」などは口にしてはならない。

蘭州ラーメンは国産のハラル認証牛の牛肉や牛骨を使ったラーメンです。イスラム教の人たちが食べれるように豚肉やアルコールを使わないというハラル認定の料理です。

東京でオリンピックに合わせて海外からの観光客も増えるのでそうした人たちの来店も期待できるということでした。

スポンサードリンク

東京おすすめ蘭州ラーメン

東京都内と横浜など東京の近郊で食べることのできる蘭州ラーメンのお店をご紹介します。

こちらでご紹介している東京の蘭州ラーメンのおすすめ店

  1. 池袋 中国蘭州ラーメン 火焔山蘭州拉麺
  2. 池袋 「極 蘭州拉麺(ごく)」
  3. 御徒町 国壱麺 御徒町本店
  4. 横浜 蘭州牛肉拉麺 東珍味

蘭州ラーメン 東京おすすめの店:【池袋】中国蘭州ラーメン 火焔山蘭州拉麺

まず読み方ですが
火焔山 蘭州拉麺店 (かえんざん らんしゅうらーめん)と読みます。

蘭州拉麺店 火焔山 池袋、北池袋
住所東京都豊島区池袋2-47-7 フォーレセブンビル 1F
営業時間 [月~日] 11:00~15:00 17:00~23:00(L.O.22:30)
定休日なし

池袋のチャイナタウンにある「火焔山蘭州拉麺」は「池袋」駅北口から徒歩5分くらいの位置にあります。

「火焔山蘭州拉麺」はもともと中国西部の羊料理のお店ですがココでも蘭州ラーメンが人気です。

おすすめは「漢方入り蘭州ラーメン」

中国伝統手打ち拉麺でスープに数種類の漢方が使われていて体を温める効果があります。
特に冷え性の人にはおすすめです。

火焔山蘭州拉麺では羊料理や豊富な種類のラーメンもあるので珍しい中国の料理を食べたい方には楽しみの多いお店です。

煮卵などのトッピングも楽しめる

蘭州ラーメン 東京おすすめの店 池袋「極 蘭州拉麺(ごく)」

極 蘭州拉麺(ごくらんしゅうらーめん)

池袋、北池袋 / ラーメン
住所東京都豊島区池袋2-65-17 恩田ビル 1F
営業時間[月〜土] 11:00~26:00 [日・祝] 17:00〜26:00
定休日なし

こちらも池袋にある蘭州ラーメンのお店です。
極の蘭州ラーメンの麺は注文を受けてから作られます。

刻みネギとパクチーの入ったやさしい味わい「蘭州牛肉拉麺」に、この自家製の手打ちの麺は非常に相性がよくて人気です。

上海、北京など様々な中国料理が楽しめる極 蘭州拉麺ですが蘭州ラーメン以外のおすすめは「蘭州焼そば」手打ちの麺は不揃いでモチモチの食感そしてオイスターの濃厚な風味がバッチリあう焼きそばです。

蘭州ラーメン 東京おすすめの店【御徒町】中国蘭州牛肉ラーメン 国壱麺 御徒町本店

東京上野の近く御徒町にある
蘭州ラーメン専門店「中国蘭州牛肉ラーメン国壱麺(くにいいちめん)」

名称 中国蘭州牛肉ラーメン 国壱麺 御徒町本店
住所 東京都台東区上野4-3-1 河田ビル

国壱麺 御徒町本店は
「馬子禄(マーズルー)」と同様に中国の本土で蘭州ラーメンの専門店として展開している本格的なランシューラーメンの専門店です。

JRの山手線京浜東北線の御徒町駅から徒歩1分でアクセスの好立地

注文を受けてから作る手打ち手延べ麺は人気があり、国壱麺 御徒町本店では麺の種類が豊富で9種類から選べます。

牛肉と牛骨を煮込んだスープはすっきりした味なのになぜか深みがある蘭州ラーメンの教科書のような味

「馬子禄(マーズルー)」と同様におすすめのお店です。

アクセスはJR御徒町駅北口から徒歩1分
営業時間は10:00~24:00
定休日はなく不定休となっていますが休業日の情報はSNSから確認可能

横浜蘭州ラーメンおすすめのお店:蘭州牛肉拉麺東珍味小龍包

蘭州牛肉拉麺 東珍味と書いて「らんしゅうらーめん とうちんみしょうろんぽう」と読みます。

蘭州牛肉拉麺 東珍味
石川町、日本大通り、元町・中華街 / 中華麺(その他)、広東料理
住所神奈川県横浜市中区山下町139 ケンビル 1F
営業時間11:00~22:00
定休日木曜日

蘭州牛肉拉麺 東珍味は横浜中華街にある蘭州ラーメンのお店です。

「石川町」駅から徒歩5分、横浜中華街の中にあるこちらのお店は「蘭州牛肉拉麺」と「辛口ビャンビャンメン」が2大看板です。

パクチーの香りと「蘭州牛肉拉麺」のスープの染み込んだ大根のトッピングは麺との相性がよくて好評です。また気になる方は「辛口ビャンビャンメン」も人気なので是非食べてみては!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次