MENU
スポンサードリンク

保冷剤はコンビニに売ってあるのか?代用品や冷凍状態を長持ちさせるコツは

保冷剤はコンビニに売ってある
スポンサードリンク

この記事の内

  • 緊急で保冷剤が必要は時コンビニに売ってある
  • 保冷剤の代わりに使えるものは
  • 保冷状態を長持ちさせるポイントは

急な発熱やアウトドアでの飲み物を冷やしたいなどに必要な保冷剤
すぐに手に入れたいけど保冷剤ってコンビニに売ってある?

こちらの記事ではコンビニで保冷剤は売ってあるのか?
保冷剤がない場合の代用品と上手に使うコツを紹介しています。

目次
スポンサードリンク

保冷剤はコンビニに売ってあるのか

 

結論からお伝えするとコンビニに保冷剤は売っていません。
売っていないだけではなく、冷たい商品を買った場合にも保冷材はつかないようです。
セブンイレブンやローソン、ファミリーマートなど様々なコンビニで確認をしましたが、どこにも保冷材はなかったため、基本的にコンビニで保冷材は手に入らないものと考えてよいでしょう。

それでは、保冷剤が必要な場合はどこで手に入れたらよいのでしょうか。
保冷剤を売っている主なお店は以下の通りです。

  • ドラッグストア
  • スーパー
  • 百円ショップ
  • 雑貨屋
  • ホームセンター

スポーツ用品店保冷材には、クーラーボックスなどで使う固い容器でできたハードタイプのものと、手のひらサイズの柔らかいフィルムに包まれたソフトタイプの2種類があります。
百円ショップや雑貨屋には安価でかわいいデザインのソフトタイプの保冷材は売っていますが、ハードタイプの保冷剤は売っていないことが多いので気をつけてください。
また、アイシング用の保冷剤はスポーツ用品店で購入できます。

スポンサードリンク

保冷剤の代用品になるものはコンビニにある?

保冷剤の代り コンビニにあるもの

保冷剤の代り コンビニにあるもの

最初にお伝えしたとおり、コンビニで保冷剤を手に入れることはできません。
しかし、コンビニに売っているもので代用することは可能です。
コンビニに売っているもので保冷材の代わりになるものは以下の通りです。

  • 凍ったペットボトル
  • 瞬間冷却剤

保冷剤の代用品に使える1つ目は冷凍コーナーにある凍らせたペットボトル飲料です。

ペットボトル1本分の飲み物が凍っているので、保冷効果も十分にあり、氷が解けたら飲み物として飲めるのも無駄がなくてよいですね。
2つ目は、袋でまとめて売っている氷です。

ロック氷よりもブロック氷の方が長持ちしますが、ロック氷でもクーラーボックスに隙間なく敷き詰めれば十分保冷剤の代用として使えます。
3つ目は袋を叩いて使用する瞬間冷却剤です。

凍らせたペットボトルや氷と比べると保冷時間は短いですが、熱中症対策やお弁当を数時間くらい冷やしたい場合には十分使えます。
ただし、瞬間冷却剤がコンビニに売っている期間は夏季限定であったり、店舗によって異なったりするため注意が必要です。

スポンサードリンク

凍った保冷剤が購入できるところは

凍った保冷剤はどこに売っている?コンビニには

凍った保冷剤はどこに売っている?

凍った状態の保冷剤が購入できるところはあるのでしょうか。

結論からお伝えすると残念ながら凍った状態の保冷剤を売っているお店はありません。

保冷剤を販売しているお店も、凍らせていない状態で販売していることがほとんどのようです。
その他には、ケーキやアイス、冷やしておいた方がよい食品を購入した際に保冷剤を無料または有料でつけてもらえることがあります。一緒に冷やせるサイズのものであれば、買い物のついでに利用してもいいかもしれません。

凍っていない保冷剤を完全に凍らせるには、手のひらサイズでも5時間程度、ハードタイプの大きな保冷剤の場合は最低でも1日~2日はかかります。

保冷剤は凍らせないと使えないため、どうしても凍った保冷剤をすぐに使いたい場合は、凍ったペットボトルや氷、瞬間冷却剤などの代用品を使うしかないようです。

スポンサードリンク

保冷状態を長持ちさせるコツ

保冷剤を長持ちさせる方法

保冷剤を長持ちさせる方法

せっかく手に入れた保冷剤。
少しでも長く効果を持続させたいですよね。
保冷剤や代用品を長持ちさせる方法をご紹介します。

保冷バッグと組み合わせて使用する

保冷効果のある保冷バッグに保冷したいものと保冷剤を入れれば、冷気が外に逃げにくくなり、保冷効果をより持続させることができます。
保冷バックは百円ショップや雑貨屋さんなどで安価で購入できますよ。

直射日光が当たる場所を避ける

保冷剤の持ちは外の気温によっても左右されます。
気温が高い場所に置いていると、保冷剤が溶ける時間も早くなります。
直射日光が当たる場所は避け、なるべく日陰の涼しい場所に置くことで保冷効果を長持ちさせることができます。

保冷剤や代用品を多く使用する

保冷剤や代用品の数を多く使用することでも保冷状態を長持ちさせることができます。
単純に1つみ使用するよりも、2つ以上使用したほうが保冷効果も高く、保冷剤が溶けにくくなるからです。
また、保冷剤を1つしか持っていない場合でも、凍らせたペットボトルなどの代用品と一緒に使用することで保冷効果を高めることもできます。

保冷材おすすめ品

緊急の用途でなければネット通販で購入するのもありです。

・氷点下まで下がる保冷剤 ロゴス(LOGOS) 保冷剤 氷点下パックGTマイナス16度ハード1200

アイスや氷、肉や魚などの生鮮食品を冷やしたいなら氷点下まで下がる保冷剤がおすすめです。
表面温度がマイナス16度まで下がるので魚も凍るほどの強力な冷却効果があります。

・ロゴス(LOGOS) 保冷剤 倍速凍結・氷点下パックM 長時間保冷

あわせて読みたい
Amazon | ロゴス(LOGOS) 保冷剤 倍速凍結 長時間保冷 氷点下パックM | ロゴス(LOGOS) | スポーツ&アウトド... ロゴス(LOGOS) 保冷剤 倍速凍結 長時間保冷 氷点下パックMがスポーツ&アウトドアストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商...

凍結までの時間ができる限り速い方がいい場合は、倍速凍結と書かれたタイプがおすすめです。
従来の氷点下マイナス16度タイプの保冷剤の約半分の時間で凍結が可能です。

・【まとめ買い15個セット】キャッチクール 保冷剤 100g 70mm×150mm 日本製

あわせて読みたい
Amazon | 【まとめ買い15個セット】キャッチクール 保冷剤 100g 70mm×150mm 日本製 | ノーブランド品 | 保... 【まとめ買い15個セット】キャッチクール 保冷剤 100g 70mm×150mm 日本製が保冷剤ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商...

遠足や毎日のお弁当用に使いたいなら手のひらサイズの保冷剤がおすすめです。
ゲル強度が固めなので持続力も抜群。まとめ買いでセットなので、家族での使用や複数同時使用もできます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

日頃何気なく使っている保冷剤ですが、いざという時に保冷できる状態に凍っているものは便利なコンビニにも置いてはなく中々手に入りにくい状況です。

保冷剤が急に必要になったとき

いぜというときは代用のものを使うか、備えとして冷蔵庫に保管して置くことをおすすめします。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次