MENU

MCTオイル合わない人は?効果やデメリット副作用 正しい使い方も

MCTオイルが合わない人

この記事の内容

  1. MCTオイルが合わない人
  2. MCTオイルの効果とMCTオイルのデメリット
  3. MCTオイルの正しい使い方(適量と何に混ぜるのがおすすめ)

今話題のケトジェニックダイエット(糖質制限ダイエット)や、健康に良い油として注目されているMCTオイル。
しかし、MCTオイルを使用したことで、「逆に太ってしまった」「気持ちが悪くなってしまった」といった噂も耳にします。

自分の体に取り入れるものだから、メリットだけではなく、デメリットもきちんと理解したうえで試してみたいですよね。

この記事では、MCTオイルの効果とデメリットについて解説したうえで、MCTオイルが合わない人や、副作用をなくすための正しい使い方についてご紹介します。ぜひ最後までご覧になってください。

目次

MCTオイル合わない人はこんな人

基本的にはMCTオイルは体にいい油ですが、中にはMCTオイルの摂取を避けた方がいい人もいます。

人によってはMCTオイルを摂取することで、腹痛や下痢、吐き気、めまいなどの副作用が強く表れる場合があります。全く副作用が出ない人もいれば、しばらく気分の悪さが続く人もいて、副作用の程度は様々です。副作用の強さは、その人の元々の体質によるものの他に、その時の体調にも左右されます。特に以下に該当する人は、MCTオイルの摂取を控えるか、少しでも気分がすぐれなかったら使用を控えるようにしましょう。

MCTオイルが合わない人

・体調が悪い人
・妊娠中の人
・生理中の人
・体質的に合わない人

また、ダイエット目的でMCTオイルを摂取する場合、あくまでも「痩せやすい体質」を作ることが目的となります。
MCTオイルを使って痩せたい場合は、糖質制限や、ゆったりとした有酸素運動などのダイエットも同時に行わなければ、ダイエット効果は期待できないため気をつけましょう。

MCTオイルのデメリット

ダイエットや健康に良いとされているMCTオイルですが、デメリットはあるのでしょうか。
MCTオイルのデメリットには以下の3つが挙げられます。

・摂りすぎると太る
・腹痛、下痢の症状が出る場合がある
・体質によっては吐き気やめまいが起きる可能性がある

一つ目は、大量に摂取すると肥満の原因となる点です。MCTオイルは、一般的な油と比べて、消化が速く体脂肪として蓄積されにくい油ですが、カロリー自体は普通の油とほぼ変わりありません。そのため、必要分以上摂取するとかえって太ってしまうので注意しましょう。

二つ目は、一度に大量に摂りすぎてしまったり、体質が合わなかったりすると、腹痛、下痢などの症状を起こす場合があるという点です。前述しましたように、一般の油と比べてMCTオイルは、体内での消化・吸収のスピードが早いという特徴があります。消化・吸収が速いと、小腸内の浸透圧が高くなります。その結果、体は浸透圧を下げようとして小腸内の水分量を増やすため、腹痛や下痢などの症状を引き起こしてしまいます。

三つ目は、MCTオイルを摂取した際に、吐き気やめまいを引き起こしてしまう可能性がある点です。ケトン体が過剰に増えたことによる影響や、体が正常な状態に戻るための調整反応などが原因として考えられます。こうした不調は一時的なものですが、もしもMCTオイルを摂取して気分が悪くなってしまったら、無理せず摂取を控えてください。

 

 MCTオイルのデメリットを解消!正しい使い方

MCTオイルの副作用などのデメリットは、正しい使い方をすることで緩和したり防いだりすることができます。ここでは、MCTオイルの正しい使用方法について解説します。

まず、使用量については、初めての場合は1日1回、小さじ1杯程度から始めるのをおすすめします。最初から大量摂取すると、体が慣れずに吐き気やめまいなどの副作用が強くでる場合があるためです。最初は少量のみ試しに摂取して、少しずつ胃に慣れさせることが大事です。

慣れてきて副作用もそれほど気にならないようであれば、小さじ1杯から大さじ1杯くらいまでに量を増やしてみてもよいでしょう。
摂取の時間帯は、活動量の多い朝から夕方までが特におすすめです。

摂取方法は、飲み物や食べ物に生の状態で混ぜて摂ると食べやすいです。飲み物に混ぜる場合は、コーヒーや果物ジュース、青汁などに混ぜるのがおすすめです。食べ物では、サラダの上にドレッシングの代わりにかけたり、スープやヨーグルトに混ぜたりすると美味しく食べられます。飲み物や食べ物に混ぜるときはしっかりとオイルが分散するように混ぜるのがポイントです。

MCTオイルは発煙点が低く、加熱で煙が発生しやすいため、揚げ物など過熱しての使用はできないので注意してください。

MCTオイルの効果

MCTオイルは、中鎖脂肪酸(Medium Chain Triglyceride)100%の油のことをいいます。中鎖脂肪酸(MCT)とは、ココナッツやパームなどのヤシ科の植物種子に含まれる植物成分です。

中鎖脂肪酸は、一般的な植物油に含まれる長鎖脂肪酸と比べて分解・吸収が早く、体に蓄積されにくいことが特徴です。そのため、ダイエットや、スポーツ、医療現場での栄養補給としても活用されています。

また、脂肪の燃焼を促進する「ケトン体」を増やす効果もあるため、ケトジェニックダイエットとも相性が抜群です。ケトン体は、糖の代わりに体内に蓄積された脂肪をエネルギーとして燃焼してくれる働きを持っています。ケトン体が体内にたくさん増えると「脂肪が燃えやすい状態」を作ることができます。

その他にもケトン体には、 脳のリラックスを促すGABAの生成や睡眠中の血糖を安定させることから睡眠の質を向上させたり、肌のたるみやくすみの原因の1つである「糖化」を抑制したりする効果もあるといわれています。

まとめ MCTオイルのデメリットと合わない人

この記事では、MCTオイルの効果とデメリットについて解説しました。確かにMCTオイルには、副作用や期待したダイエット効果が得られない場合があるといったデメリットがあります。しかし、MCTオイルの特性と正しい使用方法を理解して使用すれば、こうしたデメリットは防ぐことができます。
ぜひ、適切な使用量、使用方法を知って、MCTオイルを活用していきましょう。

 

あわせて読みたい
MCTオイル コーヒー 作り方とダイエット!乳化・量と飲み方が効果を左右 MCTオイルコーヒーとは?バターコーヒーとの違い MCTオイルコーヒーの作り方は乳化・撹拌混ぜ方ポイント MCTコーヒーは夜飲んでいい?飲む量やタイミングは こんな疑問...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次