MENU

シナモンの効果と効能!「ダイエットや健康効果も」摂りすぎには注意

シナモンの効果について

コーヒーや洋菓子に使われているシナモン
シナモンについては様々な効果があるといわれていますが摂りすぎると副作用も

  • シナモンにはどんな効果があるのか
  • シナモンの副作用や毒性は
  • シナモンダイエット効果を高める方法は

こちらの記事ではシナモンの持つ効能・効果と副作用についてご紹介しています。

目次

シナモンとは(原料や原産地)

スポンサードリンク

コーヒーや紅茶、洋菓子に使われるシナモンは日本語で肉桂(にっけい)や 桂皮(にっけい)と呼ばれるスパイスです。
肉桂や桂皮と呼ばれるようにシナモンの原料はスリランカ産のセイロンニッケイ樹皮を乾燥させたものです。
乾かして丸まった状態でシナモンスティックとして売られています。

※ニッケイ属(肉桂属、Cinnamomum)の複数の樹木の内樹皮から得られる香辛料
シナモンの原産地は
スリランカとそれ以外の産地(中国・ベトナム・インドネシアなど)に分かれていて種類は以下の2種類があります。

  1. 主にスリランカ産「セイロンシナモン」
  2. 中国やベトナム・インドネシア産:「カシア」

スリランカ産の「セイロンシナモン」は上品で繊細な香りが特徴で、「カシア」という品種は濃厚な香りと「クマリン」という成分が多く含まれている。この「クマリン」には肝機能の障害を起こす物質が含まれているので「カシア」の大量の接種は注意が必要です。

シナモンは

  • 紅茶やコーヒー
  • 洋菓子
  • ケーキやパン

などのスパイスとして使われています。

シナモンには血管を拡張させ身体を温める効果があり
漢方の世界でシナモンは、桂皮(ケイヒ)という生薬として腹痛、月経痛など冷えからくる痛み冷えやすい女性におすすめの漢方として使われています。

驚くべきシナモンの5つの効能

スポンサードリンク

シナモンの主には「ミネラル・ビタミン」の成分が豊富に含まれています。

「ビタミンB1・B2・カルシウム・マグネシウム・鉄・ナイアシン・カリウム・亜鉛」など。
「シンナムアルデヒド(桂皮アルデヒド)」毛細血管の老化防止に効果

シナモンの5つの効能
① シナモンの効能:抗酸化作用
② シナモンの効能:抗菌作用、抗ウィルス作用、抗真菌作用
③ シナモンの効能:発酵抑制作用
④ シナモンの効能:脳機能を改善…
⑤ シナモンの効能:男性の性欲を増強
シナモンは抗酸化作用が強い食物としてアンチエイジング、また抗菌、発酵抑制など様々な効能があり期待されている食物です。

H2シナモンは何に効く?効果は

ところで、具体的にシナモンは何に効くのでしょうか?
シナモンの健康効果として以下のようなものがあげられます。

シナモンの健康効果

冷え症
冷えからくる肩こり
関節痛
腹痛
下痢
月経痛

血流の改善

シナモンの効能:血糖値をコントロールする …
高血糖を予防

インスリン分泌を高め「中性脂肪」を減らす

シナモンはインスリンの分泌

発汗・解熱作用

寒気がするときにシナモンティーを飲むと発汗を促してくれ

免疫力を高めてくれる

コレステロール値を正常に保つ

胃腸の働きを助ける

腸内環境を整える

シナモンの美容効果

美肌効果としてシナモンは毛細血管の「保護・修復」からアンチエイジング効果があるといわれています。

シミ・シワ・たるみの改善

アンチエイジング効果

血管年齢を若返らせる

美容効果としてはシミ・シワ・たるみの改善に効くとされています。

シミ・シワ・たるみの原因はストレスなどで毛細血管が痛み栄養や老廃物が漏れで血管に炎症が起こり発生します。
シナモン”は毛細血管を強化し・修復してシミやシワ、たるみを改善するアンチエイジニング効果があるといわれています。

シナモンのダイエット効果は

シナモンのカロリーや糖質について

シナモンのカロリー/ 糖質(100g)
kacl(100g) 365kcal
糖質(100g) 79.6g

ちょっと見るとシナモンのカロリーや糖質は高いように見えますが、シナモンはほんの少量を食物や飲み物にふりかけて使うためカロリーや糖質は気にせずに良いようです。

シナモンの持つダイエット効果は以下があげられます。

「脂肪細胞」に作用すること

むくみ改善

「利尿作用」

「脂肪細胞」を小さくする作用

シナモンは体内の中性脂肪を蓄積して膨らんだ「脂肪細胞」に作用して「脂肪細胞」を小さくする作用があります。シナモンは脂肪燃焼効果の高いコーヒーなどに加えると相性もよくダイエット効果も期待できます。

むくみ改善効果

シナモンに含まれる「カリウム」は体内の水分調節の役割があり「利尿作用」を促進してくれます。
「カリウム」は尿と一緒に余分な「塩分や水分」を排出うぃてくれるのでカラダのむくみが解消され代謝アップにつながります。
また、体内のナトリウムと水分の量を減らしすことで血圧を下げる効果が期待できます。

シナモンはメンタルケアにも効果

シナモンの香り成分「オイゲノール」
副交感神経の活動を活発化させますのでストレスや不安などの解消に期待できます。

シナモンのダイエット効果的な飲み方

シナモンダイエット方法で効果的な飲み方は飲み物のや食べ物には何に加えるのがいい?
また、効果が出るまでの期間や1日の摂取量について

シナモン どのくらいで効果?
ダイエットについてはシナモンに限らず即効性はないものの、カラダを温めたり血行を良くしたりする効果がありますので継続することで代謝がアップして痩せやすいカラダ作りに貢献するはずです。

シナモンダイエットで加える食べ物・飲み物

シナモンを使ったダイエットで
一緒に合わせるとシナモンの効果を高める食材とは?
 コーヒー
 紅茶
 豆乳シナモン
 濃厚ココア

またこれらに加えると効果的な食物は
 ライム・レモン
 はちみつ

シナモンの活用レシピ

おすすめのシナモンのレシピ

シナモンは朝に摂取するのがおすすめ

朝にコーヒーなどにシナモンを入れることで胃腸を活発化して
代謝をあげる効果があります。

代謝の上がった状態で行動すれば脂肪の燃焼にも効果的です。

シナモンは「寝る前にもおすすめです」

シナモンは寝る前に飲むと「脂肪細胞」を小さくする作用があるのでダイエットにはおすすめ。

ノンカフェインのティーや豆乳に入れると脂肪燃焼効果と
血行促進、血液循環を高め就寝中に「成長ホルモン」の分泌と相まって毛細血管を修復します。

副作用あり!シナモンの大量摂取は要注意

1日の摂取量はどれくらい適量や毒性は?

シナモンの一種であるカシア・シナモンには
大量摂取すると肝臓に負担をかけるクマリンと呼ばれる化学物質が含まれています。
大量のクマリンを摂取すると肝障害が誘発されることがわかってきました。

シナモンの1日の摂取量の目安としては大人で0.6g~3gで小さじ1杯弱です。
シナモンダイエットの方は摂取量には注意しまよう。

まとめ

シナモンはスパイスの王様といわれるだけに、その味や風味に独特な魅力を持っていると同時に健康や美容効果が高いこともわかってきました。

特にコーヒーとの相性がよくダイエット効果も期待できます。

ただし大量にシナモンを摂ることは肝臓障害を引き起こすことにもなりかねませんので1日の摂取量の目安を超えない範囲で利用しましょう。

スポンサードリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる