MENU

40代50代痛いダサいおばさんファッションの特徴!アラフォーあるあるアイテム【Age40】

この記事の内容

1.40代50代痛いおばさんファッションとは
2.ダサいあるある「おばさんアイテム」とは
3.アラフォー痛くないファッションのポイント

「痛い・ダサい」といわれない40代や50代の女性のファッション

40代や50代、女性であればいつまでも若々しく美しさを保ちたいと思うものです。
また、年齢に合わない派手な服装やトレンドに追いかけるようなファッションが違和感を与えてしまうことがあります。

しかし自分では上手に選んでいるつもりでも、中には「痛いダサいおばさんファッション」として認定されてしまうようなファッションも存在します。

では、どのようなファッションが痛いおばさんファッションと認定されてしまうのでしょうか?

そこで、こちらの記事で50代の女性に向けた痛くない・ダサくないファッションのポイントを紹介します。

年齢を重ねても美しく輝くためには、陥りがちな「痛いファッション」「ダサいおばさんファッション」見極めは必須です。最後まで読んでいただければ幸いです。

目次

40代や50代で避けるべき「痛いおばさんファッション」7つの例

「痛いおばさんファッション」にはなりたくないけど、どんなコーデが「痛い」のか分からなければ改善も難しいですよね。

痛いファッション脱却の第一歩として、まずは避けるべきNGコーデをご紹介していきます。

若作りなデザイン・無理なトレンドを取り入れたコーデ

リボンが着いたトップスや大花柄のミニワンピなどのデザインは、年齢に不相応で痛い印象になってしまいます。また露出度の高いミニ丈のアイテムは、周囲の人が目のやり場に困るだけ。

無理にトレンドを詰め込みすぎたコーデも、「頑張ってるおばさん感」が出てしまうので控えたほうが良いでしょう。

コーデに取り入れるアイテムは年相応の落ち着きのあるものを中心に、さり気なくトレンド感を取り入れてみてくださいね。

全身フリル満載の派手・派手な服装

全身フリル満載の派手で可愛すぎる服装は、実際の年齢感とイメージがかけ離れすぎてかえって老けて見えてしまいます。

フリルやリボン・レースなどのロリータファッションのようなコーデは、「自分を若いと勘違いしている痛いおばさん」のレッテルを貼られてしまいかねません。

派手で可愛い要素は、コーデ全体を極力シンプルにした上で小物などの小さい範囲で取り入れるようにしましょう。

派手な色やの目立ちすぎるデザインで全身コーデ

原色や蛍光色などのパーカー・Tシャツは、量販店で買ったような安っぽいイメージになってしまいます。

またコーデ全体の色が派手すぎると、バブル感が漂う古臭いコーデに。

コントラストの強いドット柄など派手すぎるデザインも、上品さのないガツガツした雰囲気をつくってしまいます。

そのため派手な色やデザインはアクセントとして取り入れて、”目立つコーデ”ではなく、”目を惹くコーデ”を目指しましょう。

昔の流行にしがみついた服装

流行は繰り返し、今の若い世代も6,70年代のファッションを「レトロ」な雰囲気として楽しんでいます。

しかし、数年前に流行った服装をし続けると「古臭い」「おばさんぽい」というイメージに。

トレンドアイテムは存在感があるため、流行りの終わったもので全身を固めてしまうと時代遅れなファッションに見えてしまいます。

昔流行ったアイテムは、ポイント使いをして今のファッションに馴染ませるのがおすすめです。

体型や年齢に合わない上下別々の服装

年齢とともに下腹や二の腕など、身体の気になるパーツは少しずつ変わってきますよね。

そのため40才,50代になって露出度の高いミニ丈のタイトスカートやキャミソールなどは、気になるパーツを強調してしまい体型をだらしなく見せてしまいます。

また体型にあっていない上下別々の服装はまとまりがなく、ちぐはぐな印象に。

”昔はきれいに見えていた”服装も、”今の自分がきれいに見える”服装に変えていかなくてはいけません。

ブランドにこだわりすぎたファッション

「とりあえず有名ブランドで全身揃えれば大丈夫!」というのは、要注意です。

ブランドにこだわりすぎると、高級さを見せつけるようなやらしさのあるファッションに。

大きなブランドロゴや総柄アイテムの全身コーデは、いかにもブランド品を”持っている”ということをアピールしているような痛いコーデになってしまいます。

大人の上品さと高級感のあるコーデにするために、ブランドアイテムはさり気なく取り入れると良いでしょう。

サイズが大きすぎるゆるゆるの服装

オーバーサイズのファッションはトレンドでもありますが、サイズが大きすぎるアイテムで全身を揃えてしまうと部屋着のようにだらしなく見えてしまいます。

ルーズなイメージや少し着崩したファッションが似合うのは、20代あたりまで。

4,50代の大人女性は、「ルーズさ」ではなく「抜け感」のあるファッションを目指しましょう。

きれいめコーデの中に一点だけオーバーサイズなものを取り入れるとバランスが取りやすいです。

40代や50代でありがちな「あるあるダサいファッション」8アイテム

「あるあるダサいファッション」になってしまうのは、コーデの中にダサい原因となっているアイテムが潜んでいるから。

よく見かけるあのアイテム、実は40代,50代にとって避けるべきものだったんです。

柄パンツを取り入れたコーディネート

サイトのURL:https://item.rakuten.co.jp/outletruckruck/wfp02959/
画像のURL:https://image.rakuten.co.jp/outletruckruck/cabinet/2022/5/220530/wfp02959_7.jpg

チェックや花柄、幾何学模様など柄パンツの種類は様々。

上手に着こなせばおしゃれに見える柄パンツですが、少しチョイスを間違えるだけでもんぺ服のような古臭いアイテムになってしまうんです。

例えば、一見何にでも合わせやすそうなモノトーンカラーの柄パンツも、サイズ感が大きすぎると部屋着のような印象に。

また派手なデザインのトップスを組み合わせてしまうことで、上下ちぐはぐなダサいおばさんコーデになってしまいます。

ペプラムのトップスアイテム

サイトのURL:https://item.rakuten.co.jp/shopbuzz/kln-1031j-1334/
画像のURL:https://image.rakuten.co.jp/shopbuzz/cabinet/kln3/kln-1031-04.jpg

ウエスト切り替えに細見え効果があり、フレアなシルエットが気になるお尻のカバーもしてくれるペプラムのトップス。上品さと女性らしさが魅力的な人気のアイテムです。

しかしこのアイテムが人気だったのは数年前で、今でも着ている人は少し時代遅れな印象に。

デザインや素材感によっては今でも素敵に着こなせるものもありますが、ツヤ感がない綿素材などのペプラムトップスは古臭いおばさんイメージになってしまいがちです。

ビジューのトップアイテム

サイトのURL:https://item.rakuten.co.jp/fashion-growing-rich/180120/
画像のURL:https://tshop.r10s.jp/fashion-growing-rich/cabinet/2018e/180120_09.jpg?downsize=375:*

華やかで存在感のあるビジュートップスは、今では古っぽく見える時代遅れのアイテム。

ビジューがたくさん付きすぎているギラついたトップスは、4,50代の方が着ると「派手すぎて痛いおばさん」という印象になってしまいます。

トップスに縫い付けられたビジューのきらきら感は少し安っぽさがあるため、シンプルなトップスに華奢なアクセサリーをちらっと覗かせるなど、さりげなく煌めきを取り入れるのが大人っぽく上品です。

カラータイツ

サイトのURL:https://item.rakuten.co.jp/mzhw/oai-51-1025/
画像のURL:https://tshop.r10s.jp/mzhw/cabinet/more/stockings/oai-51-1025-1.jpg?downsize=350:*

カラーバリエーションは様々で、ショートパンツやミニスカートに合わせることが多いカラータイツ。

派手で目立つカラータイツを可愛く履けるのは学生まで。年齢を重ねた女性がカラータイツを着用すると、コスプレのようになりコーデに違和感が出てしまいます。

またパステルカラーやホワイト系の淡いカラーは足が膨張して太く見えてしまうので、スタイルを悪くみせてしまうという点でも要注意のアイテムです。

リボンつきニット

サイトのURL:https://item.rakuten.co.jp/tocco/clanie/
画像のURL:https://image.rakuten.co.jp/tocco/cabinet/2023item1/clanie-cl.jpg

甘さがあり女性らしい印象のリボンつきニット。このような可愛らしすぎるアイテムは4,50代には年齢不相応で痛いという印象を持たれてしまいます。

だからといって、カジュアルなパンツやデザインの合わないスカートを組み合わせてしまうとダサいおばさんコーデに。

リボンつきニットをコーデに取り入れたい時は、落ち着いたカラーをチョイスしてきれいめのスラックスやパンプス合わせで上品にまとめるのがおすすめです。

スカートとトレンカを合わせる

サイトのURL:https://item.rakuten.co.jp/nissen-r/zzy4322b2452/?iasid=07rpp_10095___e3-leli2c86-79-251c7794-5ab7-4413-a401-b61ed7a1641f
画像のURL:https://shop.r10s.jp/nissen-r/cabinet/item/zzy43/zzy4322b2450/zzy4322b2452_l_a011.jpg

レギンスと違ってつま先近くまで丈があるトレンカは、スカートと合わせてパンプスなどを履くと足が長く見える効果があります。

しかしこのコーデは、若い世代の方たちの中ではなかなか見かけません。そのため、スカートとトレンカを合わせたコーデには「おばさんぽい」というイメージがあるんです。

スカートにはトレンカではなく、落ち着いたカラーのタイツかストッキングを合わせるのが無難でしょう。

フレアなデザインのボトムス・パンツ

サイトのURL:https://item.rakuten.co.jp/curvys/26138pt/
画像のURL:https://image.rakuten.co.jp/curvys/cabinet/26100/26138pt-17.jpg

フレアなデザインのボトムス・パンツは、スタイルアップ効果がある魅力的なアイテムですが、選ぶ際には注意が必要なんです。

ガウチョパンツは、少し前に流行った時代遅れな印象のアイテム。

ベルボトムは70年代風なレトロな雰囲気とも言えますが、上手く着こなせないと古臭いイメージになってしまいます。

フレアパンツを今っぽく取り入れたい時は、裾の広がりが控えめなきれいめのフレアスラックスがおすすめです。

ムートンブーツ

サイトのURL:https://item.rakuten.co.jp/motto-motto/kutu-78552/
画像のURL:https://image.rakuten.co.jp/motto-motto/cabinet/itempic1777/kutu-78552_8.jpg

中がファーになっているムートンブーツは、フォルムが丸く大きいため子どもっぽい印象になってしまいます。

また流行していたのは数年前なため、今でも履いていると時代遅れなイメージに。

最近ではムートンブーツよりすっきりとしたシルエットの「モカシン」が、大人コーデにも合う温かいシューズとしてよく見かけます。

流行が過ぎたムートンブーツを履くのは、コンビニなど近所へのお出かけまでに留めた方が良さそうです。

アラフォー女性が実践すべき「痛くないファッション」の5つのポイント

避けるべきコーデやアイテムがわかったところで、実際の「痛くないファッション」はどういうものなのか見ていきましょう。

ぜひ皆さんも、実践すべきポイントをチェックしてオシャレなコーデを目指してくださいね。

サイズ感とファッション性の両立

この投稿をInstagramで見る

 

teru(@terurinsan)がシェアした投稿

オーバーサイズのトップスには、インナーをレイヤードしたりすっきりしたボトムスを合わせてバランスの取れたコーデに。

首元の空いたトレーナーは、透け感が女性らしいメローインナーを合わせることでカジュアルすぎない上品な印象になります。

光沢感のある素材感が女性らしいプリーツスカートは、コーデをきれい見えさせてくれるだけでなく、オーバーサイズトップスとのシルエットバランスも取ってくれる優秀アイテムです。

露出を抑えた服シックな大人服

この投稿をInstagramで見る

 

近藤和子(@peace0905)がシェアした投稿

落ち着いたモノトーンカラーのワンピースは動きやすいジャージ素材ですが、光沢感があるので上品で大人っぽい。

重くなりがちなブラックコーデも、袖のバイカラーが軽さと女性らしさを演出してくれていますね。

また足元はレザーのロングブーツを合わせることで露出が抑えられ、コーデ全体が一気に引き締まります。

「シックなコーデは堅く見えてしまいがち」という方は、バッグなどの小物で少し遊びを加えるのがおすすめです。

素材感や、洗練されたカジュアルファッション

この投稿をInstagramで見る

 

chieko(@chieko212791)がシェアした投稿

カジュアルなデニムにもブラウスとパンプスを合わせることで、上品で洗練されたカジュアルファッションに。

落ち着いたグリーンカラーのブラウスは、ジョーゼット地で落ち感があるのが大人っぽいですね。

大人のカジュアルコーデは、落ち着いたカラーやきれい見えする素材感のアイテムを選んで、カジュアルと上品さのバランスを取りましょう。

またパンツの裾や袖元をロールアップして、女性らしく適度に肌見せするのもおすすめです。

上品さとオシャレさを両立させたスタイリング

存在感のあるデザインのアイテムを取り入れる時は、他をシンプルにまとめて上品さとオシャレさを両立させましょう。

甘くなりがちなフリルデザインはブラウスの襟元にさりげなく落とし込むことで、大人可愛い印象に。

存在感のあるボリューミーなブラウスも、ブラックのスラックスがコーデを引き締めてくれます。

目を惹く真っ赤なカラーも、全体的ではなく小物で取り入れることで派手すぎず上品なアクセントに。

上品さや華やかさを加えるアイテム選びのコツ

この投稿をInstagramで見る

 

mei(@mei.5.7.des)がシェアした投稿

地味になりがちなモノトーンコーデは、女性らしいデザインや素材感のアイテムをプラスすることで一気に上品で華やかな印象に。

レーススカートは透け感が心配なところですが、ブラックのタイツが露出感を抑えて、かつ甘さと大人っぽさのバランスも取ってくれます。

パールネックレスは、カジュアルからフォーマルまでどんなコーデにも合わせやすく、簡単に女性らしさをプラスできるので一つ持っておいて間違いなしなアイテムです。

まとめ

今回は書かなくてOKです。
個性的でオシャレなコーディネート
素材の質
大人の女性にふさわしいアイテム選びとセンス

40代、50代の方で大人可愛い服をプチプラで購入したいと思う方には、安くてオシャレなファッションブランドをご紹介
⇒リンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次