MENU

Suica残高確認iPhoneアプリなど3つの方法!ICカード残高確認も

Suica残高確認方法

カードタイプSuica残高確認方法

 

カードタイプSuicaはほとんどの人が駅やコンビニなどのチャージのときに券売機で残高を確認していると思いますが、カードタイプSuicaもスマートフォンなどを使って残高確認できるアプリがあります。

これって便利なのに結構知らない人が多いようですね。

スマホアプリなどで残高がカードタイプSuica事前に確認できれば改札であたふたしなくてもOKですね。
知らなかった方はこちらの記事でやり方を確認ください。

Suica残高確認7つの方法!カードタイプSuicaのオートチャージ方法も詳しく解説

 

目次

カードタイプSuica残高確認方法

カードタイプSuica残高確認方法

カードタイプSuica残高確認方法

  1. カードタイプのSuicaの残高確認方法は3つ
  2. iphoneやandroid のSuica残高確認アプリ
  3.  機器でICカードの 残高確認も

カードタイプのSuicaを使っている方でこんな経験はありませんか?

Suica残額不足で改札通れず後ろの人に白い目で見られる
Suicaの残額がわからないので電車に乗っててハラハラ
Suicaの残額不足でチャージに手間取って人を待たせてしまった

などなど、便利なSuicaですが、残額がわからないのが困りものです。

それでは、アプリ利用も含めてカードタイプSuicaの残高確認方法はおおきく3つあります。

・発券機などで確認する
・アプリで確認する
・機器を使って確認する

これらの確認方法を詳しくご紹介します。

Suicaカード利用している人の悩みである、今使っているSuicaの中にどのくらいのチャージ残高があるのか予め知る方法Suica残高の確認方法についてご紹介します。

Suica残高の確認方法は意外とたくさんあって駅まで行かなくても自宅で可能なものもあります。また、Suica残高を気にしなくても良い便利なおすすめの方法も合わせてご紹介します。

※iPhoneなどのスマホに搭載されているモバイルSuicaはモバイルSuicaのアプリからカンタンに残高確認可能です。今回はカードタイプのSuicaカードを利用している方を対象にまとめていってみたいと思います。

カードタイプSuica残高確認:券売機などで確認する方法

カードタイプのSuicaの残高確認方法は以下の4つの方法があります。

1. 駅の券売機でチェック
2. 改札通過時に自動改札機で
3. コンビニなどの加盟店のレシートで確認
4. Suicaが使える自販機

駅の券売機でSuicaの残高確認

駅の券売機でチェックする場合、「自動券売機」「多機能券売機」「チャージ専用機」のいずれかで確認することができます。Suicaが利用可能なエリアはもちろんのこと、PASMOやICOCAのエリアでも同様に確認することが可能です。

さらに、残高の確認と同時に履歴も閲覧することができるので、過去の使用履歴をチェックしたい場合はぜひ確認してみましょう。

改札通過時に自動改札機で残高を確認

Suicaを改札機にタッチすると、ディスプレイに残高が表示されます。この方法は非常に手軽で手間がかからないためおすすめです。
改札を通るときにディスプレイで残高を確認する癖をつけておくと、降りるときに残高不足になることを防げます。

一方で、表示時間が短く、じっくりと見ることができないので注意しましょう。特に通勤ラッシュなどで利用者の数が多い場合には、残高を確認する時間が限られる可能性が高いでしょう。

コンビニなどの加盟店のレシートで残高確認

コンビニやスーパーなど、Suicaの加盟店で支払いをした場合には、レシートに残高が印字されます。そのため、加盟店で支払いをして残高を確認したい場合には、レシートを捨てずに受け取ってチェックしましょう。

よくコンビニを利用する方は、レシートを受け取るだけで確認が可能なので、ぜひ商品の購入ついでにチェックすることをおすすめします。

Suicaが使える自販機で残高確認

Suicaに対応している自販機の場合、ICカードの読み取り部分にSuicaをかざすとディスプレイに残高が表示されます。

また、Apple Pay対応のiPhoneでSuicaを利用している場合、それをかざすだけでも残高を確認することができます。

ただし、自販機の中にはSuicaが使えないものもあるので注意が必要です。自販機には利用可能な電子マネーのマークが書かれているため、Suicaのマークがあることを確認してから利用しましょう。

iPhone・AndroidアプリでSuica残高を確認する方法

Suicaの残高をチェックする場合、券売機や加盟店などで確認する方法が一般的です。一方で、スマートフォンのアプリを利用して残高を確認する方法もあります。

スマートフォンを利用すれば、自宅にいても残高を確認することができます。そのため、外出先で残高不足になり時間に間に合わなくなる、などの事態を防ぐことができます。

ただし、iPhoneのバージョンによってはアプリが非対応の場合もあるため確認が必要です。

それでは、AndroidとiPhoneのそれぞれのアプリをご紹介します。

Android向けアプリ Suica checkでSuicaの残高確認

「Suica check」を利用すれば、Androidを利用してSuicaの情報を読み取ることができます。

使い方は非常に簡単で、スマートフォンにSuicaをかざすだけで、残高を確認することができます。

ただし、NFC設定を有効になっていない場合には、設定からNFCを有効にしてからかざしましょう。NFCが有効になっている場合には、アプリを起動していなくても自動的にアプリが起動して残高が表示されるため、手間がかからずスムーズに利用することができます。

iPhone向けアプリ Japan NFC ReaderでSuicaの残高確認

残高を確認する方法を200文字程度で紹介してください
「Japan NFC Reader」も同様に、スマートフォンにSuicaをかざすだけで残高を確認することができます。

残高の確認だけでなく、利用履歴もチェックすることができます。また、Suicaをはじめとした交通計ICカードだけでなく、楽天Edyやnanacoなどの電子マネーの残高を確認したい場合にも使えるため、幅広く利用することができます。

ただし、対応しているのはiPhone7以降の機種となっているので注意しましょう。

AndroidとiPhone双方対応「電子マネーICカードでSuica残高確認」

「電子マネーICカード残高確認」は、AndroidとiPhoneの両方に対応しています。

さらに、SuicaやPASUMOといった主要な交通計ICカードだけでなく、地域限定のICカードやICカード以外の電子マネーカードなどにも対応しています。また、残高だけでなく履歴も表示してくれるため、非常におすすめのアプリです。

機器ででSuica残高を確認する方法

スマートフォンを使用せずに、自宅からでも簡単にSuicaの残高を確認する方法があります。

スマートフォンのバージョンがアプリに対応していない方や、スマートフォンを普段あまり使わないという方には、非常に便利な方法です。スマートフォンの充電が無くなっても関係なく確認ができるというメリットもあります。

一方で、新たに商品を購入しなければならないため、自分に合った方法かどうかしっかり考えることが必要です。

それでは、スマートフォン以外の機器でSuicaの残高を確認する方法を2つご紹介します。

電子マネービューアー付き歩数計でSuicaの残高を確認

「電子マネービューアー付き歩数計」は、歩数計としても利用することができる電子マネービューアーです。

常にポケットに入れておけば、1日の歩数を確認できるとともに、気になったときにすぐにSuicaの残高を確認することができます。

また、現在の残高だけでなく、前回の読み取り時の残高も表示することができます。歩数計と電子マネービューアーを合わせて使いたい方にはぜひおすすめの商品です。

ノコリー キーホルダーでSuicaの残高を確認

「ノコリー キーホルダー」は、Suicaの残高を確認できるキーホルダータイプの機器です。

リュックにつけておけば、外出するときも忘れることなく常に携帯できるため、いつでもSuicaの残高を確認することができます。

使い方は非常に簡単で、Suicaの上に置いてボタンを押すだけで残高が確認できます。また、1日5回の使用で電池交換なしの場合、約1年間使うことができます。

Suicaには2種類のタイプがある

Suicaは
JR東日本が取り扱う交通系電子マネーがSuicaです。電車やバスの運賃に利用できるほか、加盟店での買い物にも使えます。全国で利用できるため、1枚あるとどこへ行っても便利に使える電子マネーです。

カードタイプSuica

カードタイプは、多機能券売機やみどりの窓口でカードを発行し、利用できるSuicaです。切符と同じように購入してすぐに使える無記名式の「Suicaカード」と、氏名や生年月日を登録する記名式の「My Suica」があります。

また、記名式のSuicaに定期券が一体となっている「Suica定期券」は、通勤や通学にSuicaを利用している人に便利です。チャージして電子マネーとして利用できる基本機能は3種類とも同じように使えます。

加えて、対象路線のグリーン車で便利に使える「グリーン車Suicaシステム」や、対象路線の新幹線自由席を在来線と同様に利用できる「タッチでGo!新幹線」といったサービスも使用可能です

モバイルSuica

スマートフォンで使える「モバイルSuica」も便利です。スマートフォンのみでカード型Suicaと同様に利用できます。

残高や利用履歴をスマートフォンの画面上で確認できるのもポイントです。いつでも手元でSuicaを管理できます。加えて、チャージもスマートフォンで完結です。

クレジットカードを登録することで、自宅や職場にいるときでも、必要に応じてすぐにチャージできます。コンビニでレジに並びながらチャージすることも可能です。

モバイルSuicaには4種類あります。Android端末で利用できるのは、おサイフケータイ対応の「モバイルSuica」、Google Payにひも付ける「Google Pay Suica」、楽天Payと連携させる「楽天ペイSuica」です。Apple社製端末では「Apple Pay Suica」を利用できます。

モバイルSuicaはお使いのAndroid携帯やiPhoneなどで簡単に確認できますが電源切れには要注意ですのでモバイルバッテリーはお出かけには欠かせません。

スマートフォンで使えるモバイルSuicaは画面上で残高確認ができます。では、カードタイプのSuicaはどのように確認するのでしょうか?

基本の確認方法を見ていきましょう。

 



まとめ Suicaの残高を確認する方法

アプリでSuica残高を確認する方法

アプリでSuica残高を確認することも可能

以上をまとめると、
・主な残高確認方法は、「駅の券売機」「自動改札機」「加盟店のレシート」「自販機」など
・「Suica Check」や「Japan NFC Reader」などでスマホでも確認可能
・「電子マネービューア付き歩数計」や「ノコリー キーホルダー」などの機器からも確認可能

残高確認には、このように多くの方法があります。レジや改札で残高不足に困ることを防ぐためにも、これらの中から自分に合った確認方法を見つけましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次