MENU

フラワーボックス 嬉しくない理由は?贈って喜ばれるポイントを紹介

この記事の内容
・フラワーボックスのプレゼントが嬉しくない理由は何?
・フラワーボックスプレゼントの口コミ評判は
・フラワーボックスのプレゼントで喜んでもらうためには

フラワーボックスとは、「ブリザーブドフラワー」や「生花」などを箱の中にお花を敷き詰めたフラワーアレンジメントです。色やサイズも色々と好みによって選ぶことができるので贈る側も簡単でお誕生日祝いや結婚記念日などお祝いや、会社の退職祝いなどでもよくプレゼントされています。

しかし、フラワーボックスをもらっても嬉しくないと感じる方もいるようです。

こちらの記事ではフラワーボックスのプレゼントをもらっても嬉しくないと感じる理由や嬉しくないと感じる人はどんな人なのか?
また、フラワーボックスの口コミ評判はどうなのか?
そしてフラワーボックスのプレゼントで喜んでもらうための方法・ポイントを紹介しています。

フラワーボックスをプレゼントに選ぶ時の参考になったら幸いです。

目次

フラワーボックスのプレゼントが嬉しくない理由は何?

フラワーボックスをもらっても嬉しくない主な理由は以下の5つです。

・置き場所に困る
・部屋の雰囲気に合わない
・手入れが面倒
・花粉症がある
・花自体に興味がない

・置き場所に困る

フラワーボックスの見た目はとても綺麗ですが、意外と場所を取るものです。あまり広い部屋に住んでいない人の場合だと、もらっても飾る場所がなく困ってしまうかもしれません。

・部屋の雰囲気に合わない

インテリアは人の好みが大きく表れるものです。部屋に飾ることを趣旨とするフラワーボックスも例外ではありません。花の種類や色が自分の好みや部屋の雰囲気に合わなかった場合、もらってもあまり喜ばれない可能性があります。

・手入れが面倒

生け花と比べると手入れは少ない方ですが、フラワーボックスも生のお花を使用しているため、長持ちさせるための手入れが必要です。そのため面倒臭がりの人や忙しい人にとってはあまり喜ばれないこともあります。

・花粉症がある

相手に花粉症がある場合もフラワーボックスは喜ばれない場合があります。ただし、ブリザーブドフラワーで作ったものであれば花粉の心配はありません。生花を贈る際は、相手に花粉症がないか事前に確認した方が無難ですね。

・花自体に興味がない

フラワーボックスは、お花を見て楽しむインテリアなので、そもそもお花に興味がない人は、あまり魅力を感じられないでしょう。一般的に男性よりも女性の方がお花のプレゼントを喜ぶ傾向にありますが、一概にはいえません。相手がお花に興味があるか、事前に確認しておくのがベストです。

フラワーボックスのプレゼントで喜んでもらうための方ポイントや方法は

フラワーボックスは、相手の性格や状況によってはあまり喜ばれない場合はあることが分かりました。
それでは、フラワーボックスのプレゼントを喜んでもらうためにはどうしたらよいでしょうか。
ポイントを5つ紹介します。

・小さく飾れるギフトにする
・記念品としてプレゼントする
・お花が好きな人にプレゼントする
・花言葉と合わせて贈る
・相手の好きな花のフラワーボックスを贈る

・小さく飾れるギフトにする

大きなフラワーボックスは豪華で見栄えがしますが、場所を取らずに飾れる小さめサイズのフラワーボックスの方が喜ばれることもあります。ちょっとしたアクセントとして可愛く飾れるものや壁掛けできるものもあるので、飾り場所に困らないギフトにするとよいでしょう。

・記念品としてプレゼントする

誕生日や結婚祝いなど特別な日の記念品としてプレゼントするのもおすすめです。華やかなお花の贈り物はおめでたい日の贈り物にとても喜ばれるからです。一般的な花束よりも手入れが楽で長持ちするのも喜ばれるポイントになります。

・お花が好きな人にプレゼントする

お花が好きで日常的にお花を楽しんでいる人には、フラワーボックスのプレゼントはぴったりです。相手が特に好きな花を知っていたら、それに合わせた花を贈ることでさらに喜んでもらえるでしょう。

・花言葉と合わせて贈る

フラワーボックスに使っている花の花言葉に意味を持たせて贈るのもおすすめです。花言葉と合わせてプレゼントすることで、「あなたが自分を思って選んでくれた特別なもの」として相手に感動を与えられますよ。

・相手の好きな花のフラワーボックスを贈る

普段あまりお花に興味がない人でも、好きなお花はあるという場合もあります。このような場合、好きなお花を身近で手軽に感じられるフラワーボックスはうってつけのプレゼントになるでしょう。

大切なのは贈る相手の状況や好みをしっかりと把握しておくことです。

フラワーボックスのプレゼントはプリザーブドフラワーと生花はどっちが良い

フラワーボックスには、生花で作ったものとプリザーブドフラワーで作ったものの2種類あります。
プリザーブドフラワーは、長期間保存できるように生花に特殊加工を施したものです。生花とプリザーブドフラワーにはそれぞれメリット・デメリットがあります。

<プリザーブドフラワーのフラワーボックス>

メリットとデメリット
プリザーブドフラワーのメリットは、生花よりも圧倒的に長持ちする点です。正しい保存方法で管理すれば、長いと2年以上、もらった当時の美しさを維持できることもあります。デメリットは、長持ちするがゆえに同じ花を飾っておくことに飽きてしまう場合がある点です。なかなか枯れないので、処分にも困ってしまいます。

<生花のフラワーボックス>

メリットとデメリット
生花のメリットは、お花本来の瑞々しさや色鮮やかさを楽しめる点です。生のお花の香りやフレッシュな色合いは生のお花でしか感じられません。デメリットは、プリザーブドフラワーと比べると日持ちしない点です。正しい保存方法で管理しても、およそ1週間で枯れてしまう場合がほとんどです。

フラワーボックスおすすめ5選

プレゼントで喜んでもらえるような、おすすめのフラワーボックスをシチュエーション別に5選ご紹介します。

・誕生日祝い

誕生日のお祝いなら「Happybirthday」などのメッセージ入りのフラワーボックスがおすすめです。生まれた季節のイメージに合わせたり誕生花を取り入れたりすれば、さらに特別感を出せますよ。

メッセージとお花【Candy Box】

\誕生日のお祝い6種類のデザインから選べる!/
メッセージとお花【Candy Box】⇒詳しく見てみる

 

・結婚祝い

結婚祝いには、二人の思い出の写真が飾れる写真立て付きのフラワーボックスがおすすめです。白を基調としたボックスに、ピンクや赤、オレンジや黄色などの明るい色の花を選べば、2人の生活を華やかに彩ってくれるでしょう。

\大切な思い出をフォトフラワーボックで/ 結婚祝いプリザーブドフラワー 『monte モンテ』

\大切な思い出をフォトフラワーボックで/
結婚祝いプリザーブドフラワー 『monte モンテ』⇒詳しく見てみる

・退職祝い

退職祝いに贈るのであれば、もらっても置く場所に困らないコンパクトサイズのフラワーボックスを選ぶとよいでしょう。退職時に花束を贈る職場もありますが、フラワーボックスの方が手入れの手間がなく飾りやすいのでおすすめです。

・卒業祝い

卒業祝いには、水色や薄むらさきなどの少し大人っぽい色味のフラワーボックスを贈ってもよいでしょう。丸型のボックスのフラワーボックスもお洒落で可愛いですね。

\卒業祝いに少し大人っぽい色味のフラワーボックス/
プリザーブドフラワー 『vif ヴィフ』⇒詳しく見てみる

・長寿祝い

長寿祝いには、時計付のフラワーボックスが記念にもなり、実用的でおすすめです。ボックスにメッセージや名前などを入れて、特別感を出すのもよいでしょう。

<PR スポンサードリンク>

欲しい物が必ず見つかる!


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

にほんブログ村

目次