MENU

スタバカード嬉しくない5つの理由と、おすすめの渡し方

この記事の内容

・スタバカードが嬉しくない理由・嬉しくない人はどんな人
・スタバカードプレゼントの口コミ評判は
・スタバカードのプレゼントで喜んでもらうためには

スタバカードは全国のスタバで使える便利なカードとして人気があります。

しかし、スタバカードをプレゼントとして贈る場合、贈る側は喜んでもらえると思っていてもスタバカードをプレゼントされた側はあまり嬉しくないと感じる方も少なからずいるようです。

こちらの記事ではスタバカードのプレゼントをもらっても嬉しくないと感じる理由や嬉しくないと感じる人の特徴、またスタバカードの口コミ評判について。

そしてスタバカードをプレゼントするときの方法・ポイントを紹介しています。
プレゼントでスタバカードを選ぶ時の参考になったら幸いです。

目次

スタバカードが嬉しくない5つの理由

スタバカードをもらっても嬉しくない理由・どんな人にはプレゼントとして合わないのか?

  1. コーヒーが好きではない人にプレゼントする
  2. コーヒーにこだわりがある人
  3. スタバに行き慣れていない人
  4. 近くにスタバがない
  5. キャッシュレス派で財布を持ち歩かない

プレゼントに便利なスタバカードですが、「プレゼントされたけど嬉しくない」理由について更に詳しく見てゆきましょう。

スタバカード嬉しくない理由①コーヒーが好きでないから

そもそもコーヒーが苦手・嫌いという人にとって、スタバカードはあまり魅力的ではありません。
スタバにはコーヒー以外のメニューもありますが、一般的に「スタバ=コーヒー」のイメージが強いので、貰っても使い道がないと考えてしまうためです。

スタバカード嬉しくない理由②コーヒーにこだわりがあるから

逆に、コーヒーが大好きでこだわりを持っている人にもスタバカードは嬉しくない場合もあります。
その理由は、行きつけのコーヒーショップがあったり、好みのコーヒー豆を買って自分で淹れたりするため。
コーヒー好きだからこそ、好みのお店や決まっているのでスタバカードは使えないというわけです。

スタバカード嬉しくない理由③スタバが苦手だから

スタバに行き慣れていない人にとっては、苦手意識を持つ人も少なくありません。
スタバのドリンクのサイズはS、M、Lといった一般的な呼び方とは違うので、注文時にどう伝えていいか分からないためです。
「注文が難しいからスタバに行きたくない」という人にとっては、スタバカードを使うのはハードルが高く感じるようです。

スタバカード嬉しくない理由④近くにスタバがないから

全国に1700店舗を超えて展開しているスタバですが、地域によっては自宅や職場の近くにスタバがないとか気軽に行ける距離にない場合も。また、工場などの勤務の方もお昼休みなど気軽に行くことはできませんね。
スタバカードを使うためだけにわざわざ遠くまで車を出したり、電車やバスに乗ってまで行こうとは思いませんよね。
生活圏内にスタバが無いのにスタバカードをプレゼントされた場合は嬉しくないというわけです。

スタバカード嬉しくない理由⑤キャッシュレス派で財布を持ち歩かないから

最近ではスマホ1つあればたいていの支払いができることもあり、財布を持ち歩かないという人もいます。
小銭やカードを出したりしまったりするのを煩わしく感じる人にとっては、スタバカードを貰っても面倒くさく感じて持ち歩くことがないかもしれませんね。

スタバカードプレゼントの口コミ評判は

実際にスタバカードをプレゼントされた人はどう感じているのでしょうか?
Twitterから嬉しくない・嬉しいの口コミ評判を集めました。

<スタバカード嬉しくない口コミ>


スタバカードはクオカードなどと比べて用途が限定されるので、利用しない人にとっては嬉しくないようです。
プレゼントするなら、人によってカードの種類は選んだ方がよさそうですね。


スタバには高カロリーなメニューも多いので、そういったものが好きな人にとっては、場合によっては貰っても複雑に感じるようです。
特にダイエット中の方には注意です。


現在のスタバカードは有効期限なしですが、使わない人は貰っても本当に使わないようです。
プレゼントする前に、普段スタバを利用するか聞いた方がいいかもしれません。

<スタバガードもらって嬉しい口コミ>


スタバでは、一人で本を読んだりPCを広げたりしている光景も多くみられます。
スタバを勉強やPC作業のために利用をする人にとって、スタバカードはありがたいようです。


スタバカードは季節限定のデザインなども種類が豊富なので、見た目が可愛くて嬉しい!という口コミも多く見られました。
中にはスタバカードをコレクションしている人も。


スタバカードはレジで伝えればすぐに発行してもらえる他、セブンイレブンでも購入できます。
スタバカードは貰う側も嬉しく、あげる側も購入しやすいのでWin-Winですね。

スタバカードをプレゼントで喜んでもらうためのポイント

スタバカードのギフトで喜んでもらう3つポイント

スタバカードはどんな人にプレゼントするのが正解なのでしょうか?
スタバカードのプレゼントを喜んでもらうために、気を付けるポイントについてもご紹介します。

スタバカードで喜んでもらうには

  1. 普段スタバをよく使う人かどうかを確認
  2. カードの金額には気をつける
  3. 限定のデザインなど喜ばれるアイテムを

さらに詳しくみてみましょう。

普段スタバを利用する人にプレゼントする

生活圏内にスタバがあり、よく利用するという人にとってスタバカードは嬉しいもの。
スタバのメニューは魅力的ですが、結構金額が高いものも…
ですが、スタバカードがあれば金額を気にせず注文しやすくなるので、喜ばれること間違いなし。
スタバの利用状況が分からない場合、コーヒー好きでもスタバを利用するとは限らないので、プレゼントする前に普段スタバを利用するかどうか確認しておいた方がいいかもしれません。

スタバカードの金額に気を付ける

スタバカードは1,000円~30,000円まで、一円単位で自由にお金をチャージすることができます。
ですが、プレゼントしたスタバカードの金額が高すぎるとプレゼントする相手に気を遣わせたり、使いきれなくて困る場合もあります。
例えば、ちょっとしたプレゼントやお礼なら1,000円、クリスマスなどのイベントなら3,000円など、TPOに合わせて金額を決めて下さいね。
プレゼントする相手を困らせないためにも、相手との関係性やスタバの利用頻度なども考慮して、プレゼントするカードの金額には気を遣いましょう。

スタバ限定デザインやラッピングをチェック

スタバカードは期間限定のデザインやオンラインストア限定のデザインがあります。
カードの見た目が好きで写真を撮ったり集める人もいるほど、カードのデザインも人気。
プレゼントする際には、相手が好きそうだったり、持っていなさそうな限定のデザインを選ぶのも喜ばれるポイントです。

ラッピングは無料のものと有料のものがあります。
無料のラッピングでも十分可愛いですが、相手の好みに合ったものを選んで下さいね。
カードが付いた台紙部分に手書きでメッセージやイラストなどを描いたり、ひと手間加えることでより素敵なプレゼントになりますよ。

スタバカードはオンラインストアでも利用できる

スターバックスカードはスタバの店頭だけでなく、オンラインストアでも使用可能です。

近くにスタバがなくてもスタバカードのチャージ金額でコーヒー豆やティー、タンブラー、マグカップなど購入可能です。お店でしか使えないと思っている人には
一言添えておくといいかも

スタバカードはいくらのカードがおすすめ

スタバカードをプレゼントするときの金額の目安をお伝えします。

相手との関係性などによっても金額は変わるので、相場を参考にしながら金額を決めましょう。

・友達へのプレゼント→1,000円~2,000円
・会社の同僚→1,000円
・お祝い返し→1,000~3,000円(貰った金額に合わせて)
・クリスマス等のイベント→1,000~3,000円
・恋人との記念日→3,000~5,000円

スタバカードは1000円から1000円単位で上限30,000円までチャージできます。

大体の場合2000円から3000円くらいがおすすめです。あまり高額だと気を遣わせてしまうので注意しましょう。

スタバカード以外のおすすめギフト

  • コーヒーが嫌いな人
  • スタバに行かない人
  • 少し高額なギフト券にしたい

そんな場合には

  • QUOカード
  • Amazonギフト券
  • VJAギフトカード

などの商品券がおすすめです。

これらのカードは様々な品物が購入できますので少し金額が大きい目で5000円から1万円くらいの お礼、誕生日、出産祝いなどに良いでしょう。

まとめ スタバカード嬉しくない

普段スタバを使う人にとってはもらって嬉しいスタバカードですが、もらってもあまり嬉しくないという方もいます。

スタバカードに限らずプレゼントは事前にチェックしておくことがポイントです。

以下のような方には他のギフトがよいかもしれませんね!

スタバカードが嬉しくない可能性がある人

  1. コーヒーが好きではない人
  2. コーヒーにこだわりがある人
  3. スタバに行き慣れていない人
  4. 近くにスタバがない
  5. キャッシュレス派で財布を持ち歩かない

<PR スポンサードリンク>

欲しい物が必ず見つかる!


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

にほんブログ村

目次