MENU

待乳山聖天の初詣2023年参拝方法 大根とは?ご利益 混雑状況や屋台|駐車場とアクセス情報も

本龍院【待乳山聖天】【東京都台東区】

【関東】>【東京】の神社の初詣参拝・元旦・三が日の混雑穴場時間・屋台時間の情報

この記事の内容

・本龍院 待乳山聖天 の初詣2023年の混雑状況や屋台の営業時間を知りたい
・本龍院 待乳山聖天 の初詣で比較的ゆっくり参拝できる穴場の時間帯を知りたい
・本龍院 待乳山聖天 の初詣2023年の駐車場とアクセス情報を知りたい

<本龍院 待乳山聖天の初詣の人気度>
東京都大東区にある本龍院は推古天皇3(595)年に創建された神社で、待乳山聖天(まつちやましょうでん)の名で親しまれる、浅草寺子院のひとつです。

大根を奉納する本龍院の初詣参拝人数は約2~3万人をかぞえ、さらに1月7日には風呂吹き大根が振る舞われる大根まつりが開催します。

人気の待乳山聖天 ですが2023年の初詣の混み具合は気になりますよね。
しかしご安心を待乳山聖天の初詣は三が日多少混雑する程度です。

こちらの記事では2023年の待乳山聖天 の初詣はいつまでに行けばいいのか?
例年の初詣の混雑状況や参拝の行列待ち時間、参拝時間や屋台の営業時間、そしてアクセスと駐車場の交通規制などの情報も掲載しています。

混雑を避けて待乳山聖天 の初詣を楽しむために是非お役立てください。

目次

待乳山聖天参拝方法

本龍院 待乳山聖天 の2023年 初詣情報

【待乳山聖天神社の情報】

待乳山聖天は誰を祀ってあるのか
本龍院は浅草名所七福神のひとつで、祀られているのは毘沙門天(びしゃもんてん)です。

待乳山聖天のご利益は

■<表>
詳しくは公式ページをご確認ください
URL:

待乳山聖天のご利益

祀られている毘沙門天には、以下のご利益があるとされています。
 五穀豊穣
 商売繁盛
 家内安全
 長命長寿
 立身出世

境内にはご利益の効果を表す大根と巾着のモチーフが多くみられることでしょう。
 大根:健康で強い体、良縁、家庭円満
 巾着;商売繁盛

お供え用の大根も購入でき、心身の「毒」を清めてくれるそうです。
もっともお清めの力が強い「浴油祈祷」が行われる本龍院。
浴油祈祷は1週間かかりますが、煩悩を捨て、必ず願いが成就すると言われています。

待乳山聖天 の初詣の例年の人出・参拝客人数

【初詣参拝人数】
初詣参拝人数は約2~3万人の人数ですが、1月7日「大根まつり」が人気でこのときに初詣を兼ねる人も多いようです。

「大根まつり」では風呂吹き大根が振る舞われます。

 

待乳山聖天 「大根まつり」とは?

浅草にある待乳山聖天(まつちやましょうでん)では昭和49年(1974年)より、毎年正月七日に大根まつりが行われています。

「大根まつり」の由来
古くから大根は体内の毒素を中和し、消化を助ける働きがあるとされ
聖天様の“おはたらき”をあらわすものとして尊ばれ、供養に欠かせないお供物とされています。
聖天様のお下がり(おさがり)である大根を頂くことで、そのお徳を頂き、身体と、心の健康を得ることができるとして待乳山聖天(まつちやましょうでん)では「大根まつり」が行われるようになりました。

「大根まつり」では元旦ご本尊様にお供えした大根を
風呂吹き大根にして御神酒と共にご参詣客に振る舞われます。

2000食限定とされてきた待乳山聖天(まつちやましょうでん)の「大根まつり」ですが
2021年は「屠蘇(おとそ)無料接待」「大根まつり」の実施はありませんでした。

※2023年は新型コロナ感染拡大防止の観点から(限定1000食)となり自宅で召し上がる風呂吹き味噌と持ち帰りとなります。

2023年の大根まつりでは
9時より本堂にて整理券が配られ以下のような内容で「大根まつり」が行われます
大般若家内安全法要 1月7日 午前11時より
大根をお配りする時間 法要終了後 (午前11時30分頃)より 午後1時30分まで

待乳山聖天 の初詣参拝の開門と閉門時間と日程

初詣参拝可能時間
待乳山聖天の初詣参拝可能時間

大晦日~11 元旦0時~1630
1月2 6時30分~1630
1月3 6時30分~1630
備考

祈祷受付は元旦は同じ、2日以降は8時30分~16時30分

待乳山聖天の初詣イベント
御神楽 元旦~3日 神楽殿にて神楽舞を奉納

待乳山聖天 の初詣の授与所営業時間(お守り・御朱印・おみくじ)

待乳山聖天の初詣のお守り・御朱印・おみくじは上記の時間に授与所でお求めください。
おみくじ・お守り
お守りおみくじの授与は授与所の営業時間上記期間になっています。

待乳山聖天の初詣2023年混雑状況と穴場の時間帯はいつ?

【関東】>【東京】の神社の初詣参拝・元旦・三が日の混雑穴場時間
2023年の待乳山聖天 の初詣で元旦・正月三ヶ日にお参りしたい人に混雑時間帯と空いている穴場の時間帯についてご紹介します。

待乳山聖天 の例年の混雑状況(混雑時間帯)と空き時間

混雑状況コメント

例年の待乳山聖天 の初詣 混雑時間帯
日付 混雑時間 空き時間

日付 混雑時間 空き時間
大晦日~

1月1

12月3123:00

1月1:200頃まで

1月1日:10時から14時頃まで

早朝の7時から8時頃は空いている
1月2 日中は多少の混雑 7時から8時頃
1月3 日中は多少の混雑 7時から8時頃

待乳山聖天の初詣の混雑状況
元旦は午前0時からの参拝で混雑しますが、早朝7時から8時ころは混雑もなく元旦の初詣にはおすすめです。また2日から3日も日中は多少の混雑はあるもの比較的参拝しやすいと言えます。ゆっくり参拝するなら朝の7時から8時位がおすすめです。

<待乳山聖天 の参拝まで例年の行列待ち時間>
<参拝までの待ち時間混雑状況>

待乳山聖天の初詣の穴場空き時間帯をまとめると
【初詣にゆくなら】おすすめ時間
1月4日以降の待乳山聖天は、参拝客が結構減

待乳山聖天 の初詣期間2023年いつまで行けばいい?

待乳山聖天 の初詣は混雑を避けて行きたいものですね。ところで待乳山聖天 はいつまで参拝すれば良いのでしょうか?
そもそも初詣とは「正月、その年初めて社寺に参詣すること」を意味しています。
特に、いつからいつまでに行かなくてはいけない、という決まりがあるわけではありません。
通常初詣の期間といえば、慣例として大晦日明けの元旦から1月3日までの正月三が日も参拝に行く方が多いようです。

また正月三が日をすぎると「松の内(まつのうち)門松を飾っている期間」に行くというのが習わしとなっています。但し、初詣はいついつまでにならないならないというルールはありません。
2023年の待乳山聖天 の初詣は2022年に引き続きコロナ禍の中で開催されますので分散参拝を神社側もがすすめています。

待乳山聖天の人出と混雑状況の口コミ

【関東】>【東京】の神社の初詣混雑時間の口コミ
Twitter1■

Twitter2■

待乳山聖天 初詣2023屋台はいつまで・営業時間は

【関東】>【東京】の神社の屋台の営業時間情報
待乳山聖天の屋台の出店情報はありませんでしたが1月7日には有名な大根まつりが行われますのでそのときに初詣を楽しむのも良いでしょう。

<屋台や出店の営業時間>

待乳山聖天 初詣屋台の口コミ

【関東】>【東京】の神社の屋台の営業時間口コミ情報
Twitter1■
Twitter2■

待乳山聖天の初詣アクセスと駐車場

【関東】>【東京】の神社のアクセスと駐車場
【JR・電車などの公共交通機関のアクセス】
東京メトロ銀座線「浅草駅」
都営浅草線「浅草駅」
東武スカイツリー線「浅草駅」上記の駅より徒歩10分

【車で行く場合のアクセス】

待乳山聖天 の駐車場の有無

駐車場ありなしと状況
参拝者用に駐車場がありますが初詣時の利用は難しいでしょう。
また、待乳山聖天 の初詣への車でのアクセスは非常に込み合うため公共交通機関を使った方が良いでしょう。

待乳山聖天 周辺の駐車場マップ

<■地図>

待乳山聖天 周辺の初詣交通規制

例年 待乳山聖天 の初詣で例年交通規制は実施されてはいないようですが周囲は大変混雑しますので参拝アクセスは公共交通機関が無難です。

待乳山聖天 の初詣のご利益などの口コミ

Twitter2■
Twitter2■

まとめ 待乳山聖天 の初詣2023年

最後まで読んでいただきありがとうございます。こちらの記事では2023年の待乳山聖天 の初詣はいつまでに行けばいいのか?参拝時間や屋台の営業時間、混雑状況や規制などの情報。そしてアクセスと駐車場の情報を紹介してきました。
待乳山聖天は良縁祈願、夫婦和合、商売繁盛ほかなどの利益がある神社として知られています。
混雑を避けて待乳山聖天 の初詣を楽しむため是非お役立てください。

<PR スポンサードリンク>

欲しい物が必ず見つかる!


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

にほんブログ村

目次