MENU

リンツとリンドール 違いは何?口コミやプレゼントおすすめポイントも

この記事の内容
 リンツとリンドール 違いとは?
 リンツの『リンドール』の口コミ
 『リンドール』のおすすめポイント

チョコレートのリンツとリンドールってどっちが本当の名前?
人によって呼び方が違うリンツとリンドールですが違いって何なのでしょうか?

こちらの記事ではリンツとリンドール 違いについて、
また『リンドール』の口コミやプレゼントする時のおすすめポイントも紹介します。

バレンタインのプレゼントなどに参考にしていただければ幸いです。

目次

リンツとリンドール 違いとは?

リンツとリンドール、どちらも名前を聞いたことがあるような気がしますがどう違うのでしょうか?

結論から言うと、「リンツ」は企業名、「リンドール」は商品名です。

このことを踏まえてそれぞれ解説します。

リンツとは

リンツとは、スイスに本社を置くチョコレート菓子などの製造や販売などを行っている企業のこと。
正式には、「リンツ&シュプルングリー」といい、創始者はショコラティエのロドルフ・リンツ氏。
リンツの始まりは1845年。今から140年以上前の昔はチョコレートはとても硬く食べづらいものでしたが、その後リンツ氏の開発によってなめらかなくちどけのチョコレートが誕生しました。
リンツの商品は今では世界120か国以上で愛されています。

リンドールとは

リンドールはリンツの看板商品であるチョコレート菓子のこと。
球状で少し硬めのチョコレートの中に柔らかいクリーム状のチョコレートが入っています。
フレーバーが豊富で、一粒一粒がカラフルな包み紙に包まれているので、見た目にも楽しいチョコレート菓子です。
フレーバーの種類は、定番のミルク、ダーク、ホワイトだけでなく、マンゴー&クリーム、ミント、ピスタチオといった変わり種がたくさんあるので、飽きずに楽しめます。

リンツの『リンドール』の口コミ

リンドールはリンツの看板商品でもあり、バレンタインなどで目にすることも多いですが、
リンドールを食べたことがなかったり、プレゼントを考えている人は評判が気になるところ。

そこで、リンドールの口コミをご紹介します。

リンツのリンドールの良い口コミ

導入文を入れる⇒100文字程度

リンドールの良い口コミでは、フレーバーが豊富なことから好みにあったものが見つかりやすく、プレゼントにも自分用にも喜ばれていました。

リンドールの良い口コミを1つずつみていきましょう。

もうひと頑張りしたいときに、リンドールがあればやる気が出るという意見がありました。
リンドールは一粒のサイズが大きめなので一粒食べただけでも満足感が得られますね。

リンドールは期間限定のフレーバーがあるのも嬉しいポイント。
定番のフレーバーももちろん美味しいですが、いろんな味を食べ比べてみるのもいいかもしれませんね。

リンドールの商品には「○○10個入り」、「14種23個入り」といったパターンがあります。
数も多いので、小分けにしてプレゼントするというアイデアもありました。

リンツのリンドールのイマイチの口コミ

一方リンドールがイマイチという口コミでは、

・フレーバーが好みでなかった
・サイズが大きすぎる

といった声が見られました。
それではリンドールの悪い口コミもみていきましょう。

リンドールのさくら味も、好きな人と苦手な人で意見が分かれていました。
変わり種が苦手な人や、プレゼントで相手の好みが分からない場合は、定番のミルクやダークなどがいいかもしれませんね。

リンドールは一粒で満足できる大き目のサイズが魅力ですが、逆に大きすぎて食べづらいという声も。
小さくするとリンドールの独特の食感が失われそうな気がしますが…
小さめサイズがあったら食べてみたいですね。
😖
大事に取っておいた青木煎餅さんのおかきもある🍘🌃
オヤツはリンドール🍫変な匂いする…と思ったらバニラフレーバーらしくて何だか分からなかった😶微妙🙄
お昼は初めてキンパ作ってみた😊美味しく出来たけど最後にゴマかければ良かったかしら😅 pic.twitter.com/ZrUDyL4w6k

— reina(*´ω`*) (@reina030866) February 25, 2022

リンドールには様々なフレーバーがある分、中には好みが分かれやすいものもあります。
特にバニラ独特の香りは、苦手な人にとっては合わないようですね。

リンドールのさくら味も、好きな人と苦手な人で意見が分かれていました。
変わり種が苦手な人や、プレゼントで相手の好みが分からない場合は、定番のミルクやダークなどがいいかもしれませんね。

リンドールは一粒で満足できる大き目のサイズが魅力ですが、逆に大きすぎて食べづらいという声も。
小さくするとリンドールの独特の食感が失われそうな気がしますが…
小さめサイズがあったら食べてみたいですね。

リンツの『リンドール』おすすめポイント

140年以上世界中で愛されているリンドールですが、プレゼントに人気な理由として、
「美味しい」のはもちろん、リンドールならではの魅力がたくさんあるからです。

そんなリンドールのおすすめポイントをご紹介します。

フレーバーが豊富

リンドールのフレーバーは定番から季節限定のものまで種類が豊富。
プレゼントする場合は相手の好みに合わせてフレーバーを選ぶことができます。
14種のフレーバーがミックスされたセットなど、いろんな味を楽しみたい人向けの商品もありますよ。

値段が高すぎない

リンドールはプレミアム感のあるチョコレートですが、価格としては高すぎることもありません。
リンツの公式オンラインショップでは、10個入り1,100円。
ちょっとしたプレゼントにも最適。自分へのご褒美としても買いやすい価格帯です。

原料にこだわりがある

リンツで作られる商品は、チョコレートの原料であるカカオ豆にもしっかりとしたこだわりがあり、第三者機関によって検証されたカカオ豆が使用されています。
品質や味に安心感が持てるのも、リンドールが人気の理由。

ギフトが豊富

リンドールは、バレンタイン限定の華やかな箱に入ったものや、2,000円以下のカジュアルなギフトなどもあるので、ちょっとしたお礼やプレゼントに便利。
公式オンラインショップでは用途に応じて熨斗やショッピングバッグなどの用意があります。
有料(50円)でメッセージカードを付けることもできますよ。

まとめ リンツとリンドール違い

リンツとリンドール違いは、「リンツは企業名、リンドールは商品名」
お分かりいただけましたか?

リンツは歴史ある企業で、看板商品であるリンツは世界中で愛されています。
また、リンドールは豊富なフレーバーが人気で、ギフトとしても喜ばれる商品がたくさんあります。

リンドールは価格も高すぎないので、自分へのご褒美にもおすすめのチョコレート菓子です。
リンツのリンドールが気になった人はぜひ食べてみて下さいね。

<PR スポンサードリンク>

欲しい物が必ず見つかる!


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

にほんブログ村

目次