MENU

ローストチキン温め直し電子レンジNGクリスマスチキン温め方でジューシーパリパリ

ローストチキン温め方

買ってきたチキンの温め方

  • クリスマスチキン(ローストチキン)温め直しに電子レンジはNG
  • クリスマスチキン(ローストチキン)の上手な温め方
  • クリスマスチキン(ローストチキン)パリパリに焼くコツ

クリスマスに欠かせないクリスマスチキン【ローストチキン】ですが冷えてしまうと美味しさも落ちしてしまいますね。

買って来てすぐに食べられたら良いのですが、冷めてしまったり余ってしまったりしたものは温め直しが必要です。
しかし上手にあたためないとチキンのころももパリパリ感やお肉のジューシーさがなくなって美味しさ半減ってことにも、、、

そこでこちらの記事では買ってきたクリスマスチキン【ローストチキン】を上手に美味しく温め直すポイントをご紹介しています。パリパリでジューシーな美味しいクリスマスチキンに温め直しましょう!

目次

ローストチキンの温め直しに電子レンジはNG

  1. ローストチキンの温め直しに電子レンジは使わない理由
  2. ローストチキンを電子レンジで温めるとどうなる

いざクリスマスチキンを食べようと思った時に、どう温めたらいいのか迷ってしまった経験はありませんか。

クリスマスチキンを温め直す時に最初に思い浮かぶのは電子レンジという方も多いかもしれませんが、実はおすすめの方法ではありません。

電子レンジを使わない理由は、一気に高温で温めるとお肉が硬くなってしまうからです。
さらに電子レンジで温めると皮の表面がベタッとしてしまい、パリパリした食感が失われてしまいます。

クリスマスチキンといえばパリパリ感のある皮とふっくらとジューシーなお肉を想像しますよね。
電子レンジを使って温めると手軽に早く温められますが、その美味しさが損なわれてしまう原因になってしまうのです。
元々の皮のパリっとした食感やジューシーさがなくなって味が落ちてしまうのはもったいないと思いませんか。

チキンの美味しさを保つ温め方があるので、電子レンジで温め直すのはなるべく避けるようにしましょう。

クリスマスチキン温め方パリパリにするコツ

クリスマスチキン(ローストチキン)パリパリに温め直すコツ

クリスマスチキン(ローストチキン)パリパリに温め直すコツ

クリスマスチキン(ローストチキン)パリパリに温め直すコツ
・「低温」で「じっくり」と
・仕上げは「高温」など

「店舗から持ち帰る間に冷めてしまい温めたい」「食べきれず残ったチキンを温めたい」といったように温め直しが必要な場合がありますよね。

ではどのようにすれば上手く温められるのでしょうか。

クリスマスチキンをパリパリに温め直すコツを2つご紹介します。

・「低温」で「じっくり」と仕上げる

中をジューシーに仕上げるなら「低温」で「じっくり」と温めましょう。
電子レンジのように一気に高温で温めると肉に含まれる水分が逃げてしまいます。その結果、お肉が硬くなり美味しく無くなってしまうのです。

早く食べたい気持ちもわかりますが、じっくりと低温で温め直すのが美味しいクリスマスチキンに仕上げるコツです。

・仕上げは「高温」で温める

皮をパリパリに仕上げるには「高温」で加熱しましょう。低温で中までじっくり温めた後、高温で短時間加熱するとパリパリの美味しいクリスマスチキンに仕上がるからです。

パリパリとした食感を求めている方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

ローストチキンの上手な温め方

クリスマスチキンの温め方には色々な方法があり、それぞれ調理にかかる時間や仕上がりも違います。実際にクリスマスチキン温め直す時のコツを解説します。

温め方を5つご紹介するのでぜひ参考にしてください。

<湯煎で温める>

1つ目は湯煎で温める方法です。オーブンや魚焼きグリルがない方におすすめの方法です。

手順
・鍋に水を入れお湯を沸かします
・次にチキンをジップロックなどの耐熱性のある袋に入れて準備しておきましょう
・お湯が沸騰してからチキンを入れ、15分ほど温めて完成です

湯煎をする際に、袋が鍋のフチに当たらないように大きい鍋に多めのお湯で茹でるのがポイントですので覚えておきましょう。

この方法で温めると大きなチキンでもまるごと温められるのがメリットです。

湯煎をするとお肉はジューシーに仕上がりますが、パリパリの皮の食感が無くなってしまうのがデメリットです。

焼き目はつきませんが、中までしっかり温められるので家にオーブンや魚焼きグリルがない方は試してみてはいかがでしょうか。

<湯煎とトースターを併用して温める>

2つ目は湯煎とトースターを併用する方法です。手間がかかっても美味しく食べたい方におすすめの方法をご紹介します。

手順
・まずお湯で20分ほどチキンを温めます
・トースターにホイルを敷き、その上に袋から取り出したチキンを乗せましょう
・表面に焼き色が付いたら完成です

トースターで焼き色をつける分、手間は掛かってしまいますが外はパリパリ、中はジューシーでかなり美味しくなるのでおすすめです。

トースターに皮がひっつかないようにアルミホイルを敷くのが綺麗に焼き上げるポイントですので覚えておきましょう。

ひと手間かけるだけで美味しくなるのでぜひ試してみてはいかがでしょうか。

<トースターで温める>

3つ目はトースターで温める方法です。手軽に皮をパリパリに仕上げたい人におすすめの方法です。

手順
・はじめにチキンをアルミホイルで包みます
・チキンをトースターに入れ、170〜180度で10分ほど温めましょう
・最後に上側のホイルだけ取り、温度を200度に上げ焼き色が付いたら完成です

中側までしっかり加熱するためにアルミホイルで包むのがポイントです。

クリスマスチキンのサイズによってはまるごと入りきらない可能性があるので、入るサイズに切ってからアルミホイルで包むようにしましょう。

最後に高温で焼き色をつけるのが美味しくなるコツです。

<オーブンで温める>

4つ目はオーブンで温める方法です。自宅にオーブンがある方は美味しく仕上がるのでこの方法をおすすめします。

手順
・まずオーブンを170〜180度ほどになるまで予熱します
・チキンを入れ、15分ほど加熱してください
・皮をさらにパリッと仕上げたい場合は200度で3分ほどさらに加熱しましょう

低温でじっくり温めるのが美味しく仕上がるコツです。オーブンは低温でじっくり加熱できるので、ジューシーで柔らかく仕上がります。

また、焼き目もつけられるので、パリパリとした食感も楽しめるのでおすすめです。

焦げ目をつける際に、焼き過ぎて焦げてしまわないように注意してくださいね。

<魚焼きグリルで温める>

最後に魚焼きグリルで温める方法です。水を入れて加熱すると中はジューシー、外はパリッとしたチキンに仕上がるのでおすすめです。

手順
・オーブンと同じように予熱します
・グリルの底に水を入れましょう
・十分グリルが温まったら、チキンを入れ低温で10分ほど温めてください

魚焼きグリルで温めると香ばしい香りがつくのでおすすめです。

水を入れることで外はパリッと、中はジューシーに美味しく仕上がります。

また、まるごと温めるのは難しいので、切り分けてアルミホイルの上にのせると良いでしょう。

魚焼きグリルは火力が強く皮が焦げやすいので様子を見ながら温めるのがポイントです。

以上5つの方法をご紹介しました。ぜひ実践してみてくださいね。

 

日本ではクリスマスにチキンをなぜ食べる?七面鳥を食べない理由は

あわせて読みたい
日本ではクリスマスにチキンをなぜ食べる?七面鳥を食べない理由は なぜ日本ではクリスマスにチキンを食べるのか? クリスマスといえばチキン、今やクリスマスチキンを求めてお店に長蛇の列ができます。 アメリカではクリスマスやお祝い...

コストコクリスマスチキン2022予約は?当日の整理券派・売り切れに冷凍保あり

あわせて読みたい
コストコクリスマスチキン2022予約は?当日の整理券派・売り切れに冷凍保あり コストコのクリスマスチキンは予約できるの? コストコのクリスマスチキン当日買うのに整理券と待ち時間は? コストコのクリスマスチキン売り切れリスクに冷凍保がおす...

ファミマクリスマスチキン2022の値段と予約方法 予約なし当日購入可能?

あわせて読みたい
ファミマクリスマスチキン2022の値段と予約方法 予約なし当日購入可能? この記事の内容 1.ファミマ クリスマスチキン2022の値段とメニュー 2.ファミマ クリスマスチキンの予約方法 3.ファミマ クリスマスチキンは予約なしで当日購入は可能? ...

ローソン黄金チキン予約!ローソンクリスマスチキン 2022の予約方法 予約なし当日購入可能?
2022

あわせて読みたい
ローソン黄金チキン予約!ローソンクリスマスチキン 2022の予約方法 予約なし当日購入可能? この記事の内容 ローソン黄金チキン(クリスマスチキン2022)の予約方法 ローソン黄金チキン(クリスマスチキン2022)の値段とメニュー ローソン黄金チキン(クリスマス...

 

 

<PR スポンサードリンク>

欲しい物が必ず見つかる!


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次