MENU

元アイドル倉田まり子の現在が凄い!中江滋樹投資ジャーナル事件の真相も

5月17日の「ザ!世界仰天ニュース」で「超有名人の事件SP」

アパートで孤独な焼死 投資ジャーナル 中江滋樹

兜町の風雲児 中江滋樹 最後の告白という本を出版
当時、アイドル歌手の倉田まり子さんが引退に

元サンデーズアイドル歌手倉田まり子さんの現在は?兜町の風雲児中江滋樹の投資ジャーナル事件がキッカケでで芸能界から引退後は2003年に独立起業。国際法律事務所の秘書、資格試験予備校LECの執行役員、講師の道で成功。倉田まり子さんの芸能界入から現在まで、中江滋樹のアイドル歌手事件との関わりを徹底調査

  1. 中江滋樹のアイドル歌手事件とは
  2. 倉田まり子 現在はどうしている
  3. 中江滋樹の投資ジャーナル事件とは

悲惨な最後を迎えた中江滋樹、そして投資ジャーナル事件で消えていった
元アイドルの倉田まり子さんは、、、

実は管理人は倉田まり子さんがアイドル絶頂の時代に、
福岡のラジオ局のあるビルのロビーで見かけて同じ長崎県出身ということもあり
少し話もしてもらいサインを頂いた経験も。

美人でスラッとした頭のいい女性という感じを受けました。

しかし、投資ジャーナル 中江滋樹氏との関係が噂され芸能界を引退
その後、どうしているのか 中江滋樹氏のことがTVで取り上げられることを機に
現在の倉田まり子さんの実態を追ってみた。

目次
スポンサードリンク

倉田まり子デビューから芸能界引退まで

プロフィール)倉田まり子
本名
学歴
身長

同世代の歌手石川ひとみ似ていると話題
身長も高くスラッとした感じの美人

倉田まり子さんのヒット曲

恋はami ami(アミアミ)
真夏のランナー
how ワンダフル

倉田まり子さんが歌手を目指したきっかけ

お隣の島原市で公開収録されたTV番組家族そろって歌合戦に家族で出場したのがきっかけ。
スカウトの目に止まり

大学進学はせず芸能界に

子供の頃 成績優秀 数学は100点
諫早高校は県内でも屈指の進学校
大学に進学するものだと

当時暮らしは楽ではなかった
芸能界に入って、女手一つで育ててくれた母や家族を楽にしてやりたい。
上京を決意

後に倉田まり子さんは芸能界で人気が出て都内で7000万の豪邸を母にプレゼントするが
実はこれが問題のはじまり
(当時の都内の7000万の家はは今は数億)

順調な芸能界スタート

倉田まり子さんの芸能界スタート
NHKの歌番組のレギュラー サンデーズのメンバー

倉田まり子 若い頃(画像)

現在61歳

倉田まり子 若い頃は
知的で素敵なアイドル

動画がTwitterに

倉田まり子 パーフェクト・ベスト

ウルトラマンに出たことがある倉田まり子さん

サインを頂いたことも
ファイファイセットの冷たい雨をカバーした頃から
大人の歌手を目指す感じだったが

倉田まり子さんのファンにとっては残念な事件が起こります。

スポンサードリンク

倉田まり子さんと中江滋樹氏

その事件とは後に投資ジャーナル事件で逮捕される
兜町の風雲児といわれ大金をバックに豪遊する中江滋樹の愛人と噂されたのでした。

中江滋樹氏の画像どこか怪しい雰囲気でオウム真理教の麻原彰晃に似ている

倉田まり子さんを引退に追いやったのがこの中江滋樹氏

どのようにして二人は知り合い、どのような終幕を迎えたのか?

引き金はこの1枚の写真

その前に中江滋樹氏の生い立ちとプロフィール、投資ジャーナル事件について

中江滋樹の投資ジャーナル事件

日本の元証券ジャーナリスト、相場師。元投資ジャーナル会長
投資ジャーナル事件 中江滋樹氏逮捕

中江滋樹氏との関係を噂された倉田まり子さん潔癖を証明するが芸能界から消えてゆく
母親にプレゼントした7000万円の豪邸の資金源の不透明さ

後にこのお金に関しては潔白が証明されるのですが
当時は芸能事務所と中江滋樹氏との関係で板挟みになった倉田まり子さんは
釈明が難しい立場
(後術)

中江滋樹の生い立ち

中江滋樹(なかえしげき)1954年生まれで滋賀県出身

父親が証券会社勤務で株に興味を持つ
小学5年生で株の取引
彦根市内の滋賀県有数の進学校滋賀県立彦根東高等学校へ
授業はそっちのけ短波放送のラジオで株式市場の専門番組
高校の休み時間に公衆電話に駆け込み株の注文を
高校生で1000万円を稼ぐ
神戸大学に進学するも中退
愛知県の投資顧問会社三愛経済研究所に就職
22歳で投資顧問会社を起業
23歳のときには数十億円を動かしす
1978年 24歳で上京し投資ジャーナル社を設立

兜町の風雲児と呼ばれた中江滋樹
1000万円を毎日使って豪遊していたというほど

南水元を師と仰ぐ
相場師 ランキング 中江滋樹

財界や芸能界に人脈を広げるも、しかし、転落の時を迎えます。

兜町の風雲児とも呼ばれていたほどの人物でしたが
2020年、6畳一間のアパートの焼け跡から遺体で発見されました。

中江 滋樹 アパートで焼死

アパート 住所
中江滋樹 nhk 本
中江滋樹 息子
中江滋樹 ブログ

投資ジャーナルとは

投資ジャーナル事件

後々証券関連雑誌を発行していた投資ジャーナル社の株式の不正売買事件を起こしてしまいます。

投資ジャーナル事件

1985年6月、中江は詐欺容疑で逮捕これが俗にいう投資ジャーナルと事件です。

「10倍融資」といううたい文句で7600人余りの投資家から証券市場で金を集め580億円をだまし取ったとされる事件です。
目論見が外れたのは中江氏が目をつけたある化学メーカーの株でした。

しかし株価は上がらず他の株も暴落
「中江の株は危険だ」という噂が投資家の間で流れ資金繰りが悪化
顧客にお金を返すことができなくなり違法に資金を集めて詐欺行為の疑いで警視庁に逮捕

懲役6年の実刑判決

中江滋樹 アイドル事件とは

倉田まり子 記者会見が凄い様相

中江滋樹の最後

そして、その事件のことも
中江滋樹の名前のことも兜町でも名前は忘れ去られ

出所後は海外で暮らしそして実家に戻ったりして
放火未遂の現行犯で逮捕されたことも

今回の焼死事件の真相が自殺なのかタバコの火の不始末として火災だったのかは不明ですが焼け跡からは株で再起をかけた中江氏の手書きのノートが何冊も発見されています。

倉田まり子の現在が凄い

現在の倉田まり子さん本名の坪田まり子の名前でキャリア・カウンセラーとして、経済界で活躍しています。

これは驚きでした。

坪田まり子さんのHP 芸能活動のことは一切書かれていません。全部実力でここまで来られたんですね!素晴らしい。

あわせて読みたい

 

投資ジャーナル事件からの現在までの倉田まり子さんを追ってみました

倉田まり子 結婚

元アイドル歌手倉田まり子 本名の坪田まり子として活躍

倉田まり子さんは芸能界から全く離れたところでキャリア・カウンセラーとして成功しています。東京学芸大学の特任准教授(キャリア支援担当准教授)成功しています。

大学生への就職指導、企業・自治体向けのプレゼンテーション能力向上や営業力強化等の研修ビジネスを手がけ、各地での講演活動を行っている。を務める。

坪田 まり子 学歴
坪田 まり子 講演

現在
恋はami ami
恋はアミアミ
結婚
石川ひとみ
真夏のランナー
how ワンダフル
記者会見
真夏のランナー
ヒット曲
冷たい雨
身長
アルバム
石川ひとみ
いつかあなたの歌が
哀しみのポエジー
学歴
恋人宣言
さよならレイニーステーション
冷たい雨
ハウワンダフル
youtube

wikipedia
サンデーズ
ナイン
how wonderful

シングル
蒼いフォトグラフ
アイドル
石川ひとみ 似てる
ウルトラマン
歌手
写真
スタイル
ホームページ
まちぶせ
youtube
レコード
ワンダフル
若い頃
似てる
グラジュエイション 歌詞
アイドル
あなたにめぐり逢えて
愛の蜃気楼
アマゾン
愛すれど悲し
蒼いフォトグラフ 歌詞
アマゾン
イヴニングスキャンダル
石川ひとみ 似てる
石川ひとみ 似ている
いつかあなたの歌が 歌詞
グラ デュエ ーション
石川
ウルトラマン80
ウルトラマン80
売上

音楽
会見
歌詞
カナリヤ
歌手
カラオケ
家族そろって歌合戦
歌唱力
カナリヤ
哀しみのポエジー
さよならレイニー・ステーション 歌詞

クイズ
血液型
コンサート
子供
恋はライライライ
コマーシャル
高校
恋はライライライ
恋人宣言
コント
サンセット・キッス
サイン
さよならレイニー・ステーション
出身地
新人賞
出演
週刊誌
シーサイドドライブイン
ストーミーウェザー
性格
声優
生年月日
声優
卒業
ソロモン
そっくり
ソロモンの偽証
誕生日
タレント
タワーレコード
タワレコ
坪田まり子
翼のない鳥
冷たい雨 レコード
you tube
テレビ朝日
テレフォンショッキング
東京学芸大学
都倉俊一
とは


何歳
似ている
人気
虹の未来
年収
の 年齢
の グラジュエーション
春の嵐
ハウワンダフル
避暑地の出来事
ヒット
ふたりの水平線
ファン
下手
本名
how ワンダフル
how wonderful
松田聖子
漫画家
漫画
真夏のランナー 動画
真夏のランナー 歌詞
マルベル堂
漫画家


名曲
メルカリ
ものまね
山形
ヤフオク
ヤフオク レコード
ユーチューブ
ラジオ
レッツゴーヤング
連想ゲーム
レッツヤン
レッツゴーヤング
連想ゲーム
007
5シーエイチ

スポンサードリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる