MENU

MCTオイルコーヒーバターなしココナッツオイル代用でダイエット効果

MCTオイルコーヒーバターなし

こちらの記事では

  • MCTオイルコーヒーはバター無しでもダイエット効果はあるのか?
  • MTCオイルコーヒーを飲むのは朝・夜どっち
  • MCTオイルコーヒーの量と飲み方についてご紹介します。

MCTオイルコーヒーとは

ダイエットコーヒーブームに火をつけた『シリコンバレー式自分を変える最強の食事』で紹介された「完全無欠コーヒー」

「完全無欠コーヒー」はコーヒーにMCTオイル(ココナツオイル)とグラスフェッドバターを入れた飲み物です。しかしグラスフェッドバターは手に入りにくくカロリーも高いということも気になります。

そこで今回は「バターなし」のMCTオイルの代用でもダイエット効果があるのかどうか調べてみました。

目次
スポンサードリンク

MTCオイルなしではダイエット効果なし?

実は「完全無欠コーヒー」でのダイエットに重要な成分がココナッツオイル(MCTオイル)ということをご存知でしょうか?

あれ?!グラスフェッドバターじゃないの?と思われる方も多いと思います。

もちろんバターも大切なのですが、実はココナッツオイルなどの総称MCTオイルという脂質がダイエットのカギを握っています。

ココナッツオイルとはココヤシの実の胚乳から抽出される油で、冷たいと固形状、温かいと液体に温度によって性状が変化する特徴があります。

コーヒーに入れたり、調理用の油として使います。ココナッツオイルは
中鎖脂肪酸が多く含まれていることから、ダイエットや健康への効果が期待されています。

一般的にMCTオイル=ココナッツオイルの認識でOK

バターコーヒーのバター代用としてMCTオイルが使われたMCTコーヒーなるものがあります。

MCTオイルコーヒーは「バターなし」でもダイエット効果あり!

MCTオイルコーヒーはバターなしココナッツオイルだけでダイエット効果があるのか?

実は完全無欠のバターコーヒーですが、実はバター無しでダイエットの効果があります。

MCTオイル代用でダイエット効果がある理由

まず「完全無欠のバターコーヒー」ダイエットでMCTオイル(ココナッツオイル)が果たす役割について考えてみましょう。

MCTオイルとは?

MCTオイルとは、「中鎖脂肪酸油」のことでココナッツオイルなどの総称です。

MCTオイルにダイエット効果がある理由ですが、ココナッツからとれるMCTオイル「中鎖脂肪酸油(ココナツオイル)」は一般的な植物油と比べて以下のような特徴を持っているからです。

MCTオイルの特徴

・食事で摂ると体内で素早く分解される
・エネルギーとして消費されやすくエネルギー効率がいい
・糖質などに比べ余ったエネルギー分が皮下脂肪として体に蓄積されにくい

ココナッツオイルなどのMCTオイルは、糖質(炭水化物)よりも効率よくエネルギーが消費されます。このため、体脂肪として蓄積されにくいのでダイエットに向いているのです。

MCTオイルコーヒーと~「バターコーヒー」との違い~

ここで、少しバターコーヒーとMCTオイルコーヒーの違いについてご紹介しておきます。

簡単にいうとMCTオイルコーヒーは完全無欠のバターコーヒーからバターを取ったものです。

※完全無欠のバターコーヒーはMCTオイルも材料となっています。

「バターコーヒー」の材料

  • コーヒー 一杯
  • MCTオイル(ココナッツオイル:中鎖脂肪酸) 大さじ1~2杯
  • グラスフェッドバター                約10g

「バターコーヒー」ダイエットはグラスフェッドバターに秘密があります。

グラスフェッドバターとは聞き慣れないバターですが、牧草で飼育された牛の無塩バターのことでカロリーは普通のバターの半分ほどです。

バターコーヒーダイエットはこのグラスフェッドバターの成分と低カロリーがポイントで通常のバターを使うとカロリーが高くダイエットには向いていません。

MCTオイルコーヒーをバターなしで作ってみた

MCTオイルコーヒーバターなしココナッツオイルだけでダイエット効果があるのか

こちらがMCTオイル:ココナツオイルと書かれていて中性脂肪酸を60%含む(イオンで買ってきたもの)です。透明で普通のオイルのようにドロドロでなくサラサラだけど冷蔵庫や寒いところにおいておくと真っ白い氷のように固まる特徴があります。

MCTオイルコーヒーをバター無しで作ってみた。

今回の材料

  • ドリップコーヒー
  • MCTオイル
  • 砂糖の代わりにカロリーの低いハチミツ
  • 脂肪燃焼に効果のあるシナモン

ドリップコーヒー

ドリップコーヒーとハチミツ。ハチミツはコーヒーの苦さや酸味に負けない濃いめのアカシアのハチミツを使用。

 

ドリップコーヒーにMCTオイルを入れてかき混ぜる

 

ドリップコーヒーにMCTオイルを入れてかき混ぜる。シェイカーがあったほうがいい。

蜂蜜とシナモンを加えて完成

 

最後に蜂蜜とシナモンを加えて完成。

MCTオイルコーヒー

MCTオイルコーヒーはバターを入れたときよりも乳化しておらず泡が多くない。赤っぽく浮いているのは最後に入れたシナモン。

MCT オイルの【痩せる】ダイエット役割

完全無欠コーヒーのダイエット効果はバターよりMCTオイルにあります。

完全無欠のバターコーヒーにはMCTオイルとグラスフェッドバターという脂質が2つ入っているわけですが

各々の役割を少しまとめてみましょう。

MCTオイル

MCTオイルはココナオイルなどに含まれるオイルで特徴は

  1. 食後すぐにエネルギーとして消費される
  2. 脂肪として体に蓄積されにくいためダイエット推進する効果がある

バター(グラスフェッドバター)

グラスフェッドバターの特徴

  1. 低カロリーなバター
  2. クリーミーな美味しさや栄養分を付加し 空腹を感じづらくする
  3. 普通のバターに比べて脂肪として体に蓄積されにくい

グラスフェッドバターは味や風味、活動の栄養分補給や脂肪燃焼を助ける働きがあります。

しかし、完全無欠のバターコーヒーのダイエットにおいては、

むしろ体脂肪を貯めない痩せる効果はバターよりもMCTオイルにあります。

MCTオイルのみでバター代用・代わりでもダイエット効果は変わらない。

完全無欠コーヒーのダイエットに関する効果

結論はバターコーヒーに効果なしというわけではなく、MCTオイルコーヒーダイエットはバターなしでもOKということ。

「グラスフェッドバター」は探しても国内のスーパーなどでは直接手に入りにくいことと価格が普通のバターよりもかなり高いというデメリットがあります。

※イオにン国産のグラスフェッドバターがありました。

そこで、グラスフェッドバターが手に入らない場合は

MCTオイル(ココナッツミルク)のみでも十分にダイエットの効果が期待できるのです。

バターコーヒーは痩せないのか?

バターコーヒー痩せ ないのかというとそうではありません。グラスフェッドバターには役割が合ってその役割を果たしています。そしてバターコーヒーの中にあるもう一つの脂質MCTオイル(ココナッツオイル)にバターコーヒーの痩せる秘密が隠されていたということです。

MCTオイルコーヒーの作り方は乳化がポイント

MCTオイル入りコーヒーの作り方

MCTオイル入りコーヒーの作り方は簡単ですがいくつか注意点もありますので御覧ください

MCTオイルコーヒーの材料

  1. コーヒー
  2. ココナッツミルク大さじ4杯(グラスフェッドバターが手に入らない場合)
  3. MCTオイル大さじ1~2杯

MCTオイルコーヒーの乳化とは

MCTオイルコーヒー 乳化とは

MCTオイルコーヒー作りにはブレンダーが欠かせません。ブレンダーでオイルをしっかり攪拌させることがその効果を得るためには非常に重要です。

ブレンダーでバターやオイルを分解し乳化させることでバターやオイルの脂肪がエネルギー源として消費されやすくなりMCTオイルコーヒーの効果を高めます。

夏場はMCTオイルでアイスコーヒーにしよう

夏場は熱いホットにMCTオイルはちょっときついですね。そんなときはアイスコーヒーにするのがおすすめです。

作り方は、アイスコーヒーにMCTオイルを入れてかき混ぜるだけです。

また、バターを加えてバターコーヒーにMTCオイルコーヒーをホットで作って

MCTオイルには下痢や腹痛などの副作用はある?分量に注意

MCTオイルコーヒーダイエットの注意点

『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』、朝食置き換えダイエットにバターコーヒーが使われましたが

MCTオイルコーヒーでの代用もOKです。

ただしダイエットでは注意点があります。

MCTオイル2つのデメリット

  1. お腹を壊しやすい
  2. カロリーが高い

mctオイルは摂りすぎると副作用として慣れていないと腹痛を起こしやすいという特徴があります。

また摂りすぎるとカロリーが高いことも問題になります。MCTオイルの摂りすぎには注意が必要です。

MCTオイルの分量

ではMCTオイルはどれくらいの分量を目安にすれば良いのでしょうか?

MCTオイルコーヒーのオイルの分量の目安ですが、MCTオイルコーヒーのみを朝食とする場合

オイルの量は大さじ1~2杯程度

朝食を併用の場合小さじ1杯程度にしましょう。

MCTオイルコーヒーはカフェやコンビニでも買える

MCTオイルコーヒーを作るのが面倒な場合はファミリーマートが「バターコーヒー」を販売していますのでそれを購入するとブレンダーを使うなどの面倒くささがなくなりますね。

原材料は コーヒー MCTオイルとグラスフェッドバターです。

チャコールバターコーヒーというのも売られています。これはスティク状のグラスフェッドバターの粉末でコーヒーに入れてMCTオイルを加えて撹拌すれば完成です。

【関連記事】ファミマダイエット『ファミマバターコーヒー効果』通販まとめ買い安く買う

コーヒーにおすすめのMCTオイル3選

バターコーヒーやMCTオイルコーヒーを作るとき通販で手に入るコーヒーとの相性の良いMCTオイルをまとめてみました。

商品名 価格 特徴 コーヒーとの相性

フラット・クラフトCoCo MCTオイル

100%ココナッツ由来コーヒーとの相性がいい

そうまファクトリーMCTオイル

オイルに甘みがあってコーヒー用としておすすめ

レインフォレストハーブジャパンMCTオイル

¥1,280 ココナッツ由来100% MCTオイル 170g 1本
(MCT OIL 100% PURE COCONUT SOURCE)
有機バージンココナッツオイル5%配合 中鎖脂肪酸油98%
ココナッツ風味でコーヒーとの相性がいい

原材料はココナッツ100%がベストでサラサラしたテクスチャがコーヒーに溶けやすくておすすめ(原材料がアブラヤシは避ける)

 

カプリル酸・カプリン酸が100%のオイルがダイエットにはおすすめ

ガラス瓶の容器が良い(プラスチック容器はプラスチック成分が溶け出してしまう可能性があるため)

MCTオイルコーヒー飲む時間帯は朝夜どっち?

MCTオイルコーヒーにはダイエットに効果的な飲み方や飲む時間帯があります。

バターコーヒーやMCTオイルコーヒーででダイエットを効率的に行うには糖質制限を並行してやってゆくのが効果的です。

MCTオイルは体脂肪として蓄積されにくいいという性質があります。

反対に体脂肪となり蓄積されやすい糖質(炭水化物)を制限することによって効率的に痩せることが可能になります。

なのでバターコーヒーによるダイエットは糖質制限をすることが痩せる条件の一つになってきます。

「でもこの糖質制限が結構難しいんだけど、、、」「糖質を制限すると空腹が満たせない」と思われる方も多いことでしょう。

ご安心ください。糖質制限するために空腹を満たし食欲をコントロールする仕組みが実はMCTコーヒーにあるのです。

効果的な飲み方は置き換えダイエット法

MCTオイルコーヒーによるダイエットは燃焼しやすい脂質MCTオイルを摂ることで糖質を制限して体脂肪を体にお蓄えないことにあります。

体に蓄積されやすい糖質(炭水化物)を燃焼の良い脂質(MCTオイルやバター)に置き換えるという置き換えダイエットです。

ダイエット効果のあるカフェインを含むコーヒーに燃焼しやすいMCTオイルを加えることで糖質の置き換えダイエットを行うわけです。

MCTオイルなどの中性脂肪酸はケトン体と呼ばれるエネルギー源となって使われます。このケトン体は糖質から作られるブドウ糖よりもエネルギー効率がよく体脂肪として蓄えられにくい性質を持っています。

MCTオイルやグラスフェッドバターなどの脂質を利用したダイエット法をケトン体ダイエット法といいますが、ケトン体につてはバターコーヒーの記事で詳しく説明をしていますのでご御参考にしていただければと思います。

結論としてMCTオイルコーヒーを利用したダイエットは糖質の摂取量を減らすことがポイントです。

コーヒーにバターやオイルといった一見高カロリーの食材でダイエットが可能な理由は糖質の置き換えダイエットだからです。

MCTオイルコーヒーは朝食置き換えダイエット法で

MCTオイルコーヒーの効果的な飲み方は朝食の時間帯に飲むのがおすすめです。

おすすめは「朝食はMCTコーヒーのみにする

朝食で空腹を抑えるためMCTオイルを摂ることでご飯やパンの糖質の摂取を抑えることができます。

MCTオイルは空腹感を満たしてくれるので、食前に摂ると過食の予防やと糖質の制限にも役立ちます。

ただし、寝る前のMCTオイルコーヒーは控えたほうがいいでしょう。

寝る前のコーヒーは、カフェインの覚醒作用で睡眠不足になりやすく、睡眠中に分泌される成長ホルモンの促進を阻害します。成長ホルモンはダイエットに寄与しますので十分な睡眠は痩せるためには大切なのです。

認知症予防にもMCTオイル入りコーヒー

MCTオイルは中性脂肪酸といわれ、丈夫な身体づくりや認知症予防としても注目されています。

認知症の原因は脳への栄養不足も一因といわれていて、脳の栄養不足の解消にMCTオイルの燃焼により生み出されるケトン体の効果が期待されています。

MCTオイルコーヒーに豆乳を入れると効果的

バターコーヒーはMCT(ココナッツオイル)だけでダイエット効果がある。

今回「完全無欠コーヒー」はバターなしでもMCTオイル(ココナッツオイル)のみでダイエット効果があるのかどうかを調べてみました。

結果はMTCオイルはグラスフェッドバターの代用としてダイエット効果があるということです。

バターコーヒーダイエットはMCTオイル(ココナッツオイル)とグラスフェッドバターをコーヒーに混ぜたものです。

糖質置き換えダイエットとして人気です。

このバターコーヒーで大きくダイエット部分に貢献しているのは中性脂肪酸のMCTオイル(ココナッツオイル)なんです。

グラスフェッドバターが無くても朝食をMCTオイル入のコーヒーに置き換えることで

  1. 昼食や夕食で糖質制限などを行う方法で空腹を感じない
  2. 脂肪燃焼を助けるMCTオイルの働き
  3. コーヒー自体のカフェインで新陳代謝を促進
  4. コーヒーのポリフェノールで腸内の良い細菌を増やす効果

などどでダイエット手助けしてくれます。

完全無欠のバターコーヒーでは、痩せ ないのかというとそうではありません。

しかし完全無欠のバターコーヒーダイエットはグラスフェッドバターが手に入らなくてもMCTオイルがあれば可能なので是非チャレンジしてみてください。

スポンサードリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる