MENU
スポンサードリンク

カレーにコーヒーを入れる!隠し味は珈琲の量とタイミング

カレーにコーヒー
スポンサードリンク

カレーを美味しくする方法って知ってますか?

実は隠し味としてカレーにインスタントコーヒーを入れると美味しくなるんです。

コーヒーとカレー?

意外な組み合わせなんですが、

コーヒーはカレーを美味しくする裏技としても知られているんです。

こちらの記事では
・なぜ、カレーにコーヒーを入れると美味しくなるのか
・コーヒー入カレーの上手な作り方(コーヒーの量や入れるタイミング)
・コーヒーを入れたけどカレーがまずい場合はどうする
などの情報をお届けします。

目次
スポンサードリンク

カレーに入れるコーヒーの量とタイミングが美味しく作るポイント

ではコーヒー入りカレーは『実際どのように作るのでしょうか
コーヒー入カレーの作り方・レシピをご紹介します。

最大のポイントはカレーに入れるコーヒーの量と入れるタイミングです。

カレー にはブラック コーヒーを入れる

カレーに入れるならドリップで作ったブラックコーヒーもしくはインスタントコーヒーを入れましょう。砂糖やミルクなどを多く含んだカフェラテはNGです。

まずは、材料をご紹介

材料

  1. インスタントコーヒー【個体】
    もしくは
    ドリップコーヒー【液体】
  2. カレー

どちらでもOKですが、手軽さと量がわかりやすいのはインスタントコーヒーです。
粉のインスタントコーヒーのほうがコーヒーの味が凝縮されているので
カレー 苦味 を 出す コクをUPさせるには向いているようです。

コーヒー入のカレーを美味しく作るコツ

カレーの作り方は別にしますが
コーヒー入りのカレーを作るコツはカレーに入れる コーヒー 量と入れるタイミングです。

インスタントコーヒー どれくらいの量を
どのタイミングで入れると美味しいカレーができるかをご紹介します。

カレーに入れるコーヒーの量の目安は

コーヒーの量ですが、インスタントのほうが量を測りやすくでおすすめです。

カレールー1箱の半分に対しインスタントコーヒー小さじ1杯が目安です。
カレールーの1箱の半分はカレー4~6杯分となります。

インスタントコーヒーがカレーにうまく溶けない場合は
事前にお湯で溶いておきましょう。

まずこの量のカレーの鍋に対してコーヒースプーン半分から一杯程度を入れてみます。

コーヒーの種類によって苦味や酸味も違いますので少しづつ入れて味見をしながらやってみましょう。

酸味の強いものは少量にしたほうがカレーが引き立ちます。コクの強いコーヒーは少し多く入れてもOKです。
カレーの材料やコーヒーの種類によって微妙に味が変わります。

ココは味見をしながら最もぴったり来るところを探してみましょう。

また、ドリップコーヒーはお湯で溶いてあるので濃い目につくるのがおすすめです。

コーヒーをカレーに入れるタイミングはいつ

タイミングカレーのルーがしっかりと溶けた後です。
あまり早く入れてグツグツ煮込まないようにしまよう。

またドリップコーヒーを淹れる場合は、コーヒーの粉を溶かす必要がないので
火を止める直前に入れてで混ぜるだけでOKです。

カレーにコーヒー入れすぎた!まずい場合どうする

カレーにコーヒーを入れすぎた場合どうすればいいのでしょうか?

意外とよくあることです。

たくさん入れすぎると、コーヒーの苦味が増してまずくなってしまいます。

こんなときはケチャップかウスターソースでコーヒーの苦味や酸味を弱めてやります。

またガーリックや唐辛子などを加えて味をととのえることもおすすめです。

カレーにコーヒーは合わない?

カレー コーヒー 合わないのでしょうか?

やはりココは個人の好みでわかれるところですね。

期待して作ってみたけどカレーにコーヒーを入れたけどまずかったときは

コーヒーを入れすぎた場合は苦くなりすぎたり、酸味が強かったりします。

どんな美味しいと言われている料理でも自分には合わないということもあります。その場合は次回からやめておくほうがいいかもしれません。

しかしカレーが好き、コーヒーも嫌いではないという方なら量を間違わなければカレーにコーヒーが合わないということもないと思いますので美味しく食べることができると思います。

スポンサードリンク

カレーにコーヒーを入れると味がよくなるってホント?

カレーってバターや牛乳、にんにく、生姜、赤ワインなど隠し味の多い料理です。
これらの食材は複雑なカレーの風味を引き立ててくれるんです。
そしてコーヒーをカレーに入れるという裏技もあります。

入れると味はどうなるかというと
一言でいって「おいしい! 」カレーにコーヒーの苦味が加わって独特のコクが出てきます。

カレーのコクを出すためには裏技として以下の食材がピックアップされます。

  • 赤味噌
  • バター
  • インスタントコーヒー
  • チョコレート
  • とんかつソース等

実はインスタントコーヒーはカレーの隠し味人気No1なのです。

カレーとコーヒーは相性がいい食材

では、なぜコーヒーはカレーに合うのでしょうか?

カレーは作ったその日より、1日寝かすと長時間煮込んだようなコクと味わいが増します。
このコクと味わいを作ったすぐから出してくれるのがコーヒーなんです。

カレーにコーヒーを入れると1日寝かせなくてもコーヒーの苦味があのなんともいえない煮込んだような味に仕立ててくれるんです。

カレーとコーヒーつて意外な組み合わせですが相性は抜群です・

カレー とコーヒーは 食べ 合わせもいい食材

カレーとコーヒーにはお互いに似た作用があります。

辛さと苦さという刺激です。

カレーの辛さ(唐辛子)は覚醒作用や消化機能を活性化させます。食欲が低下する暑い夏に、汗をかきながらも辛いカレーを食べたくなるのはそのためです。

また コーヒーに含まれるカフェインや苦味のもとであるタンニンにも覚醒作用や食欲を増進させる効果があります。

カレーの食後にコーヒーもなかななおすすめです。

スポンサードリンク

カレーにコーヒーで隠し味!

コーヒーを入れることでカレーのコクが深まることわかったと思います。
コクをUPさせる驚きのワザとしてコーヒー以外にも

チョコレートやコーヒーゼリーもカレー 苦味やコクをUPさせる効果があります

コーヒーを入れて苦いカレーを甘くする方法

お子様がいてカレーの辛さや 苦味を消して甘くマイルドにしたい場合はコーヒーに牛乳を加えましょう。
カレーにコーヒー牛乳を入れるといった感じです。これでカレーの辛さやコーヒーの苦味もマイルドになって子供にも食べやすくなります。

スポンサードリンク

カレーとコーヒーの関係 カレーの後、コーヒーを飲みたくなる?

美味しいカレーを食べた後、コーヒーを飲みたくなるという人は意外と多いようです。ここで気になるのがカレーとコーヒーとの関連性ですよね。

カレーを食べた後コーヒーを飲みたくなる。

その理由はスパイスで刺激されると、さらに別の刺激がほしくなるという説があります。つまりカレーのスパイスで味覚が刺激されると別の刺激が欲しくなることでコーヒーを飲みたくなるという説です。

また、栄養学的な麺から

カレーは食べることで汗をかき、スパイスの薬効で食欲促進したり、疲労回復するという効果があります。カレーに使われているスパイスのショウガやトウガラシは血行促進、消化の促進、覚醒、頭をクリアにするなどの薬効を持っています。

また一方のコーヒーにもタンニン中のポリフェノールに抗酸化作用があります。

カレーの後にコーヒーを飲むことで食材の持つ効果が相乗的に作用します。辛さは増すのですががこの効果を私たちが体験的に知っているのかもしれません。

いずれにしてもカレーとコーヒーは食べ合わせのいい食材のようですのでカレーの隠し味にインスタントコーヒーを入れるというのもうなづけることです。

では、カレーにコーヒーを入れる具体的な方法について見てみましょう。

カレーにチョコとコーヒーもOK

チョコレートはカカオでできています。チョコレートにもコーヒーと同じくカレーの味を引き立たせる効果があります。チョコを入れるとカレーのコクがさらに深くなるとともにコーヒーだけよりも辛さがマイルドになり、ほんのりとした甘みもたのめます。

少しマイルドなカレーをお好みでしたらチョコを加えるのもいいでしょう。

カレーチョコを入れるタイミングや量ですが

カレーの鍋ひとつに対してチョコは1カケから2カケくらいが目安となりますが、コーヒーを入れた後に1カケラ入れて甘さや味を確認しながら量を増やして行きましょう。

入れるタイミングはカレーのルーを加える時で先にコーヒーを入れて次にチョコを入れましょう。このときには、必ず火を止めてましょう。火をつけたままだとカレーのルーが固まってチョコが溶けにくくなることがあります。

カレー チョコ コーヒー 40

まとめ 実はカレーにコーヒーは合う隠し味

このようにインスタントコーヒーがあれば簡単にカレーの味を良くすることができます。

あなたが主婦の方なら一度試してみるのもいいかもですね。

大概の方にはカレーにコーヒーは隠し味として合うと思います。

家族が「今日のカレーの味が美味しいって』気づいてくれるか?

どうかさあやってみましょう!!

 

 

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次