MENU

ハンカチプレゼント 嬉しくない理由と意味?喜んでもらうポイントは

この記事の内容
・ハンカチのプレゼントが嬉しくない理由は何?
・ハンカチプレゼントの意味
・ハンカチのプレゼントで喜んでもらうためには

男性へ女性へのちょっとしたプレゼントに考えるのがハンカチです。

しかし、ハンカチをプレゼントされて嬉しくないと思う方もいるようです。

これはハンカチをプレゼントする意味ということもありそうですが、
こちらの記事ではハンカチのプレゼントをもらっても嬉しくないと感じる理由や嬉しくないと感じる人はどんな人なのかについて。

そしてハンカチのプレゼントで喜んでもらうためのポイントとおすすめのブランドを紹介しています。

また、ハンカチをプレゼントする意味が気になって渡せない人も
ハンカチをプレゼントに選ぶ時の参考になったら幸いです。

目次

ハンカチのプレゼントが嬉しくない理由は何?

ハンカチをプレゼントにもらって嬉しくないと感じる主な理由は以下の5つです。

・デザインが好みでない
・素材が好みでない
・ブランドが好みでない
・無難すぎて面白みがない
・既にたくさんハンカチを持っている

ハンカチは、常に手元に置いておくアイテムだからこそ、その人の好みがあらわれるものです。色や形などのデザインはもちろん、素材やブランドにこだわりを持っている人も決して少なくありません。ハンカチは実用性の高いアイテムです。しかし、「好みのものしか身につけたくない」というこだわりの強い人から見ると、貰っても嬉しくないと感じてしまうこともあるようです。

また、ハンカチはプレゼントの定番アイテムでもあるため、無難すぎて面白みに欠けると思う人も中にはいます。さらに定番であるがゆえに、他の人からの贈り物と被ってしまう可能性も高く、既にハンカチをたくさん持っている人にもあまり喜ばれない可能性があります。

ハンカチプレゼントの意味と渡さないほうが良いシーンは

ちょっとしたプレゼントによく選びがちなハンカチですが、実はハンカチのプレゼントには意味が込められている場合があります。

ハンカチのプレゼントの意味が、もらって嬉しくないと感じることもありますので注意が必要です。

以下、ハンカチをプレゼントする意味と渡さないほうが良いシーンを紹介します。

ハンカチプレゼントの意味とは

ハンカチは、涙を拭くときに用いられることから、別れを連想させます。そのため、ハンカチをプレゼントすることは「別れ」の意味があると受け取られることがあります。また、中国ではハンカチをプレゼントすることは「送巾離根」と呼ばれ、その人との「関係を断つ」という意味があります。海外の知人にプレゼントを贈る場合は、日本とはまた違った文化や価値観を持っている可能性があるので、気をつけましょう。

ハンカチをプレゼントで渡さないほうが良いシーン

ハンカチのプレゼントには「別れ」の意味があることから、結婚祝いやお祝い事などでは渡さない方がよいとされています。また、職場の上司や目上の人にプレゼントする際にも、避けた方が無難でしょう。贈った側にそのような意図がなくても、受け取る側の捉え方によっては失礼となってしまうことがあるためです。

ハンカチのプレゼント男性の場合

女性が男性にハンカチをプレゼントする場合は、ハンカチのプレゼントの意味にあまりこだわる必要はありません。

通常の場合はプレゼントでハンカチの意味を考えて嬉しくないというようなことはありません。

男性は女性からプレゼントをもらうだけで嬉しいものです。

ハンカチのデザインやブランドに気をくばるぐらいでOKです。以下の「プレゼントにおすすめのハンカチブランド」などを参考にしてみてください。

それでも心配なら以下のハンカチのプレゼントで喜んでもらえるポイントを参考にしてみてください。

ハンカチのプレゼントで喜んでもらうポイント

お手軽なプレゼントのように見えて、実は贈る側のセンスが高く求められるハンカチのプレゼント。
ここではハンカチをプレゼントした際に、相手に喜んでもらうポイント3つをご紹介します。

・相手の好みを事前に徹底リサーチする
・イニシャル入りや刺繍入りなど製品に工夫をして記念品として贈る
・実用性の高いものを選ぶ

相手の好みを事前に徹底リサーチする

まず1つ目は、相手の好みを事前に徹底リサーチすること。なぜならハンカチのプレゼントが嬉しくない理由の多くは、自分好みのデザインではないという理由だからです。相手が普段身に着けているブランドやファッションのイメージに合うデザインのハンカチを選べば、相手の好みにヒットして喜んでもらえる可能性が高くなりますよ。

イニシャル入りや刺繍入りなど工夫し贈る

2つ目に、記念となるようなハンカチを贈ることです。最近ではサービスでイニシャルや刺繍を入れてもらえるお店も多くあります。手芸に自信のある人なら、自分で相手にぴったりの刺繍を入れてあげてもいいでしょう。市販のハンカチに一工夫加えることで、一見無難なプレゼントにみえるハンカチも特別感のあるプレゼントになります。特に、両親や恋人などの親しい人への誕生日や記念日にプレゼントすると喜んでもらえますよ。

実用性の高いものを選ぶ

最後は、実用性の高いアイテムを選ぶことです。既にお洒落なハンカチをたくさん持っている場合でも、日常で気兼ねなく使えるハンカチは何枚あっても重宝されるためです。特に抗菌防臭加工を施したハンカチや丈夫でごわごわになりにくいタオル素材のハンカチなどは、子育て世代に大変喜ばれることでしょう。高価な贈り物ではなく、ママ友や知人へのちょっとしたお礼としてプレゼントする時におすすめです。

 

プレゼントにおすすめのハンカチブランド

プレゼントにおすすめのハンカチブランド3つをご紹介します。
好みのブランドは人それぞれな部分もありますが、以下にご紹介するブランドはどれも定番ブランドなので、多くの人に喜ばれる可能性が高いですよ。

・JILL STUART(ジルスチュアート)

ジルスチュアートは、アメリカ発祥のフェミニンで可愛らしいデザインが特徴のファッションブランド。特に20代ぐらいの若い女性に支持されています。価格帯も700円くらいのものから1000円代までのものが多く、お手軽なのも嬉しいところ。贈り物用にハンドクリームとセットで販売されているものもあるので、女友達や彼女など若い女性へのプレゼントにぴったりです。

⇒【チェック】JILL STUARTのハンカチ

・BURBERRY(バーバリー)

有名なファッションブランドのハンカチであれば、高級感のあるプレゼントとして喜んでもらえます。価格帯は3000円代~1万円以上するものまで、比較的高価なので、特別な日のプレゼントとして選ぶのによいでしょう。特に30代以上の女性へのプレゼントに喜ばれますよ。バーバリーは、機能性にもこだわりのあるブランドなので、長く愛用してもらえるような贈り物になること間違いなしです。
⇒【チェック】BURBERRYハンカチ

・Ralph Lauren(ラルフローレン)

世界的にも有名なファッションブランドで、20代~50代までの幅広い年代の男性から支持されています。お父さんや彼氏へのちょっとしたプレゼントに喜ばれます。価格も1000円代のものから3000円代のものまで、幅広く揃っているため、贈る相手や状況に合わせて選ぶとよいでしょう。

⇒【チェック】BURBERRYハンカチ

<PR スポンサードリンク>

欲しい物が必ず見つかる!


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

にほんブログ村

目次