MENU
スポンサードリンク

ひまわりを庭に植えてはいけない理由は迷信?向日葵の花言葉と風水

ひまわりを庭に植えてはいけない
スポンサードリンク

1. ひまわりを庭に植えてはいけない理由
ひまわりに関する迷信は何?
2. ひまわりの良いイメージ(風水 花言葉)
3. ひまわりの育て方

ひまわりを庭に植えようとすると

「ひまわりを庭に植えてはいけない」こんな言い伝えが日本にあるのです。

これって本当なのでしょうか?
だとしたらどんな理由があるのでしょうか?

なぜ、ひまわりを家の庭に植えてはいけないのか徹底的に調査してみたら
あることがわかってきました。

今回は「ひまわり 庭に植えてはいけない」という言い伝えについて徹底研究してみました。

目次
スポンサードリンク

ひまわりを庭に植えてはいけない理由は迷信

ひまわりを庭に植えてはいけない理由

ひまわりを庭に植えてはいけない理由

 

ひまわりに関してネガティブな言い伝えを聞いたこともありますが

まわりを庭に植えてはならないという言い伝えは「ひまわり」=「火まわり」という言葉から来ているものです。

ひまわりの「ひ」は太陽の「ひ」ではなくFireの「ひ」として捉えられているんです。
つまり火事を連想させるということなんですね。

なので「ひまわりを庭に植えると」

  • 「庭に植えると火が回る」⇒火事になる
  • 「家計が火の車になる」⇒家計が破綻する

などと言われて縁起悪いとされていたんですね。

このような言い伝えは全国的なものではなく秋田県や徳島県などの一部の地方で言い伝えられてきたそうです。

もちろんひまわりには火事とはなんの縁もありませんし迷信なので全く気にしる必要はないです。迷信とは根拠もないことの言い伝えなのでひまわりを庭に植えることで何か問題が起きるということはありません。

ひまわりは漢字で書くと「向日葵」(日に向かう葵(あおい))という美しい名前を持っています。むしろひまわりはご存知のように生命力旺盛な花です。そして風水や花言葉も以下のようなポジティブなイメージを与えてくれる花です。

スポンサードリンク

ひまわりは風水的に縁起が良い花

ひまわりは風水的に縁起が良い花

ゴッホの描いた ひまわりは風水的に縁起が良い花

「ひまわり」っていつと情熱の画家ゴッホを連想させるのは僕だけでしょうか?ひまわりには強い生命力や情熱がやどっていてゴッホはそれに魅了され何枚もの傑作を残しました。迷信よりもひまわりの風水的な縁起に注目したほうが良いかもしれません。

漢字で書く向日葵は1日を太陽に向かって咲く葵というように表現されています。
ひまわりは太陽の持つ「陽の気」をたくさん吸収している縁起のいい花とされています。

この風水では「陽の気」は金運アップに最も効果的な気とされ、花の黄色は周囲を明るくして幸運を引き寄せてくれる色とされています。

確かに「黄色」=幸せの黄色いハンカチ
みたいな幸福感をもたらすカラーには間違いありませんね!

スポンサードリンク

ひまわりの花言葉は良いイメージがある

ひまわりの花言葉

ひまわりの花言葉

また、ひまわりの花言葉は「憧れ」「情熱」「あなただけを見つめる」というものです。

これは向日葵が宇宙の中心的な存在である太陽を絶えず追いかけていることから来た花言葉のようです。

  • 太陽に憧れて
  • 太陽に情熱をもらい
  • 太陽だけを見つめて

なんかロマンと元気をもらえる花言葉だと思いませんか?

スポンサードリンク

「ひまわり」について

ひまわりの原産地は北アメリカでキク科に属す1年草です。その花の色や大きさなど様々な種類がありますが大きいものは高さ3mにもなります。

ひまわりは大規模な畑で栽培され種や実は油などに加工されて使われています。また花は観賞用に家庭では庭や小型のものはプランターなどに植えて観賞用に楽しまれています。

日本には江戸時代にヨーロッパから中国を経て渡来したようです。

日本に渡った、ひまわりは俳句の夏の季語としても使われていて「日回り」「日車(ひぐるま)」「日輪草(にちりんそう)」「日向葵(ひなたあおい)」などと呼ばれていました。これは花が太陽の方を向いて咲くと考えられていたためです。おそらく庭に植えてはいけないという「火まわり」という迷信が生まれたのはこの時期だったのかもしれません、

現在、国内ではひまわりの油や食品、化粧品等のヒマワリ関連製品により域特産化を図るため北海道名寄市の「なよろひまわり畑」北海道北竜町の「 ひまわりの里」神奈川県座間市など全国に大規模なひまわり畑ができて観光の目玉にもなっています。

ひまわりの植え方と育て方のポイント

ひまわりの植え方と育て方

ひまわりの植え方と育て方

 

ということで子供さんが夏休みの理科の宿題などで庭にひまわりを植えたいといってきたら無碍に「ひまわり 庭に植えてはいけない」なんていうのはナンセンスです。むしろそのようなことを言う子供がいたらちゃんと迷信だということを話してあげましょう。

そして風水的にも花言葉でもポジティブなイメージを与える向日葵は庭に植えて楽しむのも素敵なことだと思います。

庭にひまわりを植える場合には植え方にポイントがあります。

ひまわりは背の高さが非常に高くなる植物です。ひまわりの種を花壇に直まきすする場合は間隔を開けて種をまく必要があります。

種同士の間隔が近すぎると草丈が高くなるに従いお互いぶつかりあってうまく育ちません。だいたい30~40㎝くらいの間隔を開けて種をまいてやりましょう。

庭は水はけの良い土を入れておけばあとは水を与えるだけで丈夫なひまわりは十分に育ってくれます。ひまわりの花が咲いたら陽に向かって動く様子を子供と観察したりたくさんの種が花からとれることを勉強したりもできます。

まとめ

ひまわり 庭に植えてはいけないというのは迷信であると思っている人も多いと思いますがその理由がわからなかったので庭に植えることを躊躇していた方もいると思います。

ひまわりは良い気運をもたらすのが本来のイメージのようです。

是非庭に植えてひまわりの咲く夏を楽しみたいものですね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次