MENU

熱田神宮 初詣 2023年の混雑状況や屋台の営業時間・口コミ|駐車場とアクセス情報も

中部>名古屋神社>初詣穴場情報

この記事の内容熱田神宮 の初詣参拝でこんな事を知りたい方を知りたい方に向けて書いています。
・ 熱田神宮 の初詣2023年の混雑状況や屋台の営業時間を知りたい
・ 熱田神宮 の初詣で比較的ゆっくり参拝できる穴場の時間帯を知りたい
・ 熱田神宮 の初詣2023年の駐車場とアクセス情報を知りたい

熱田神宮 初詣 は全国初詣ランキングの上位に入る神社として知られており初詣はお正月の三ヶ日だけで例年230万人もの人数の参拝客で賑わう人気の神社です。また5日には熱田神宮の初えびすがありますので大晦日から5日までは大変な人出で混雑が続きます。

人気の熱田神宮 初詣 ですが2023年も初詣の混み具合は気になりますよね。

熱田神宮 初詣の初詣は1月5日の初えびすまで大変混雑するため上手に空いている時間を狙って参拝に行くのがおすすめです。
こちらの記事では2023年の熱田神宮 初詣 の初詣はいつまでに行けばいいのか?参拝時間や屋台の営業時間、例年の初詣の混雑状況や規制などの情報。そしてアクセスと駐車場の情報も掲載しています。混雑を避けて熱田神宮 初詣 の初詣を楽しむためのお役立てください。

目次

熱田神宮 初詣2023年混雑状況と穴場の時間帯はいつ?

2023年の熱田神宮 の初詣を元旦・正月三ヶ日にお参りしたい人に混雑時間帯と空いている穴場の時間帯についてご紹介します。

熱田神宮 の初詣の人出・参拝客人数

例年約200万人もの人数の参拝客がお正月の三ヶ日に訪れるため元旦をはじめお正月三が日は鬼のように混雑します。

熱田神宮 初詣の例年の混雑状況(混雑時間帯)

例年の熱田神宮 初詣 混雑時間と混雑状況は以下のとおりです。
12月31日大晦日~【元旦】の混雑時間:混雑のピークは0時から3時ころです。多くの神社もこの時間は混雑のピークになりますが熱田神宮は入り口の門が複数あることと境内も広いため参拝の行列が全く進まないということはありません。なので混雑を覚悟すれば元旦の初詣も可能ということです。また午前4時ころは比較的空くのでこの時間は参拝の狙い目となります。

また、元旦は午前9時頃~夕方までは非常に混雑しますので狙い目は午前4時~7時頃までの早朝での参拝がおすすめです。

1月2日の混雑時間:午前10時から15時頃まで混雑しますが待ち時間は元旦に比べると少なくなります
1月3日の混雑時間:午前10時から15時頃まで混雑しますが待ち時間は元旦に比べると少なくなります

1月4日は三が日と比べると比較的混雑は緩和されますが、やはり10時~15時くらいはかなりの混雑となります。
5日は初えびすが行われるため4日の22時すぎからまた混雑が起こります。

1月5日:4日の22時ころから混雑が始まり5日の0時~3時ころまでは元旦同様に本雑がピークになります。
1月6日からは混雑がおさまりますのでゆっくり参拝したいなら6日以降がおすすめです。

2022年も分散参拝が呼びかけられましたので蜜を避けるなら2023年もお正月の3が日は避けた方がよさそうです。

<熱田神宮 初詣 の参拝まで例年の行列待ち時間>

大晦日から元旦は数百人単位で参拝の行列ができますので参拝の待ち時間も数時間に及ぶこともあります。

熱田神宮 初詣 空いているおすすめ穴場の時間帯

元旦に参拝したいなら:0時~3時が最も混みあいますのでこの時間帯を避けて明け方の4時から7時ころがおすすめとなります。

2日~3日に参拝したいなら:早朝や夕方以降は比較的混雑が緩和されるのでこの時間が狙いとはなりますが、他の神社と比べても混雑のレベルが高いので5日の初えびすが終わるまではどうしても混雑は避けられないでしょう。

熱田神宮 の初詣参拝の開門と閉門時間と日程

12月31日~2023年元旦~1月5日までは終日開門【24時間参拝が可能】
2023年1月2日終日開門
2023年1月 3 日終日開門
通常:12月30日まで午前7時開門~日没閉門

熱田神宮 の初詣の社務所営業時間(お守り・御朱印・おみくじ)

お守り・御朱印・おみくじは上記の時間に社務所でお求めください。

熱田神宮 初詣 の人出と混雑状況の口コミ

Twitter1■

Twitter2■

熱田神宮 初詣 の2023年 初詣情報

■<表>
<詳しくは公式ページをご確認ください>

神社の情報

例年230万人いを超える初詣参拝者でにぎわう熱田神宮 の創祀は、三種の神器の一つといわれる日本武尊(やまとたけるのみこと)の神剣草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)の御鎮座です。
熱田神宮は国家鎮護の神宮として特別のお取り扱いを受ける一方、「熱田さま」「宮」と呼ばれ親しまれてきました。

熱田神宮 初詣 のご利益

<ご利益・開運>
熱田神宮のご利益は、縁結び・出世・開運・病気平癒などの総合運です。ご利益のお守りは、本宮授与所で受付されています。
パワースポットといわれる熱田神宮 初詣のご利益はなど

熱田神宮 初詣の口コミ

Twitter1■


Twitter2■

熱田神宮 の初詣期間2023年いつまで?

熱田神宮 初詣 の初詣は混雑を避けて行きたいものですね。ところで熱田神宮 初詣 はいつまで参拝すれば良いのでしょうか?
そもそも初詣とは「正月、その年初めて社寺に参詣すること」を意味しています。

特に、いつからいつまでに行かなくてはいけない、という決まりがあるわけではありません。
通常初詣の期間といえば、慣例として大晦日明けの元旦から1月3日までの正月三が日も参拝に行く方が多いようです。

また正月三が日をすぎると「松の内(まつのうち)門松を飾っている期間」に行くというのが習わしとなっています。但し、初詣はいついつまでにならないならないというルールはありません。
2023年の熱田神宮 初詣 の初詣は2022年に引き続きコロナ禍の中で開催されますので分散参拝を神社側もがすすめています。

熱田神宮 初詣2023屋台はいつまで・営業時間は

熱田神宮の東門に近いJR熱田駅と名鉄神宮駅は初詣の期間は歩行者天国となっていて屋台が沢山並んでにぎわいます。
また熱田神宮の境内の中も沢山の屋台が出店しており初詣の雰囲気が盛り上がります。

屋台や出店の営業時間大晦日~元旦:12月31日は夕方から1月1日22時ころまで

屋台や出店の営業時間2日~3日:9時ころから22時ころまで営業
5日に初えびすがあるので屋台の営業は
1月4日 10時頃~翌5日の3時半頃まで
1月5日 10時頃~翌5日の18時頃まで

<熱田神宮 初詣 おすすめの屋台は>

熱田神宮 初詣の初詣の屋台には実に様々なグルメの屋台がならびます。

なかでもおすすめが 玉子せんべい 金のポテト ラーメンバーガー いちご飴などは珍しいのご覧になると良いかも

熱田神宮 初詣屋台の口コミ

Twitter1■

Twitter2■

熱田神宮 初詣 へのアクセスと駐車場

アクセス

電車でのアクセス

JR名古屋駅から⇒名鉄名古屋駅【名鉄名古屋本線】⇒神宮前(5~7分)
中部国際空港から⇒名鉄中部国際空港駅【名鉄常滑線】⇒神宮前(約20分)
新宮前より徒歩3分

東京方面より

伊勢湾岸自動車道 呼続出口
大阪芳名より
名古屋高速 堀田出口

熱田神宮 初詣 の駐車場の有無

熱田神宮 初詣には非常に大きな駐車場がありますが、例年 初詣の期間大晦日から1月5日の初えびすまでは参拝用の駐車場は閉鎖されますのでご注意ください。詳しくはこちら https://www.atsutajingu.or.jp/access/
駐車場合計台数 約400台
東門駐車場 約300台
西門駐車場 約40台
南門駐車場 約60台
熱田神宮 初詣 の初詣への車でのアクセスは非常に込み合うため公共交通機関を使った方が良いでしょう

熱田神宮 初詣 周辺の駐車場マップ

おすすめ駐車場:
<■地図>

熱田神宮 初詣 周辺の初詣交通規制

例年 熱田神宮 初詣 の初詣例年交通規制が実施されます。周囲は大変混雑しますので参拝アクセスは公共交通機関が無難です。

参考
https://travel.watch.impress.co.jp/img/trw/docs/1296/156/html/02_o.jpg.html

トラベル Watch
熱田神宮、2021年初詣で境内駐車場の閉鎖と周辺交通規制を発表  熱田神宮(愛知県名古屋市)は、2021年の初詣について、境内駐車場の閉鎖と周辺交通規制を発表した。

熱田神宮 初詣 の初詣口コミ

Twitter2■

Twitter2■


2021年2022年は新型コロナ感染症対策で屋台の出店はありませんでした。

まとめ 熱田神宮 初詣 の初詣2023年

最後まで読んでいただきありがとうございます。こちらの記事では2023年の熱田神宮 の初詣はいつまでに行けばいいのか?参拝時間や屋台の営業時間、混雑状況や規制などの情報。そしてアクセスと駐車場の情報を紹介してきました。
当記事を混雑を避けて熱田神宮 の初詣を楽しむため是非お役立てください。

あわせて読みたい
東海地区初詣穴場で屋台が楽しめる神社2023おすすめデートスポット3選 2023年お正月・元旦に彼女と行ってみたい デートスポットで多い場所に神社の初詣があります。 初詣でデートなら屋台たくさんあって楽しめる神社 がいいですよね! そこ...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次