MENU

川崎大師の初詣2023年いつまで?混雑状況の口コミ 屋台営業時間やアクセス駐車場

関東>東京の神社>初詣穴場情報
この記事の内容 川崎大師の初詣2023年参拝 元日と三ヶ日の混雑状況

  1. 川崎大師の初詣2023年いつまで
  2. 川崎大師の初詣2023年 初詣で屋台営業時間は
  3. 川崎大師の初詣2023年混雑状況・アクセス駐車場

初詣で人気のある川崎大師は
毎年お正月の三ヶ日だけで約300万人もの人が参拝に訪れまたカウントダウン後にジャニーズが参拝することでも知られています。

その参拝数は全国で4位という東京・神奈川の初詣スポットです。これだけの人でだとお正月の3が日は超混雑で避けたいところですね。

そこでこちらの記事では川崎大師の初詣2023年は いつから・いつまでできるのか?
また、初詣の屋台の営業時間や屋台が営業しているのはいつまでなのか?

川崎大師の初詣で混雑を避ける方法やアクセス・駐車場・交通規制の情報をまとめました。川崎大師の初詣を楽しむ手助けになれば幸いです。

目次

川崎大師の初詣2023年混雑状況

川崎大師初詣2023年混雑時間帯と元旦・正月三ヶ日にお参りしたい人に空いている穴場の時間帯は

川崎大師の混雑状況ですがこちらのカメラでライブで見ることもできます。
ライブカメラ(YouTube)

川崎大師の初詣人数は

川崎大師は例年お正月三ヶ日だけでも約300万人もの人が参拝にやってきます。

川崎大師の例年の混雑状況

例年の川崎大師の初詣混雑状況
12月31日大晦日~カウントダウン【元旦】超混雑
1月2日 8時~16時頃まで混雑
1月3日  8時~16時頃まで混雑

お正月の3が日の元旦、1月2日 1月3日
この期間は大混雑です。特に元旦は大晦日~カウントダウンまた深夜から人が泊りがけで集まっていますので早朝から混雑しています。

<川崎大師の初詣行列待ち時間>

川崎大師の初詣空いているおすすめ穴場の時間帯

元旦:混雑で空き時間は厳しいが始発前の3時~5時位が少し穴場
2日~3日:早朝6時~8時、夕方16時以降
4日以降:松の内では土日を避けると混雑を回避できます。

この期間に混雑を避けて参拝するなら元旦を避けて
1月2日 1月3日の早朝6時~8時、夕方16時以降を狙うのが良いでしょう。

松の内が終われば1月末まで割りと空いていますので混雑を避けたいなら松の内が終わってから参拝に行くのがおすすめです。

1月31日まで川崎大師では、「迎春期間」として初詣の雰囲気が楽しめますので
松の内が終わっても1月末くらいまでは初詣の雰囲気を十分に味わえます。

川崎大師の初詣の人出と混雑状況の口コミ

Twitter1

Twitter2

川崎大師駅が混雑の場合は【東門前駅】から初詣に向かう人もいるらしい

川崎大師の初詣2023年の情報

<表>神奈川 川崎大師の情報

<ご利益・開運>
川崎大師は厄除けで有名なお寺です。ご利益・開運は健康長寿、商売繁昌、家内安全も

川崎大師は神社ではなく、お寺です。お寺の初詣では2礼2拍手1礼する必要はなく、ご本尊の前で手を合わせるだけで良とのことです。【川崎大師】

住所 〒210-0816 神奈川県川崎市川崎区大師町4−48
電話 TEL044-266-3420
創建 1128年
浅草寺の初詣の参拝者人数  例年お正月の三ヶ日で400万人 全国第4位
主祭神 ・起源 主祭神 厄除弘法大師(空海)
概要 ご利益 川崎大師は厄除けで有名 また健康長寿、商売繁昌、家内安全などのご利益も。

 

川崎大師の2023年 初詣期間2023年いつまで?

川崎大師の初詣期間2023年いつからいつまでなのでしょうか?

初詣とは「正月、その年初めて社寺に参詣すること」を意味しており
特に、いつからいつまでに行かなくてはいけない、という決まりがあるわけではありません。

通常初詣の期間といえば、慣例として大晦日明けの元旦から1月3日までの正月三が日も参拝に行く方が多いようです。

また正月三が日をすぎると「松の内(まつのうち)門松を飾っている期間」に行くというのが習わしとなっています。但し、初詣はいついつまでにならないならないというルールはありません。

2023年の川崎大師の初詣は2022年に引き続きコロナ禍の中で開催されますので分散参拝を神社側もがすすめています。

川崎大師では、「迎春期間」として1月1日~1月31日を設けていますのでこの期間に初詣参拝すれば、お正月気分も味わえて良いかと思います。

それでも人が多い土日を避けたいなら2月以降も初詣として問題はないでしょう。

川崎大師の初詣参拝時間と日程

<本堂 拝観・お参り・お守りや御札の授与時間>

12/31 ~元旦 6時~1/1 20時30分まで
1月2日 6時~19時30分まで 15時以降
1月3日 6時~19時30分まで

おみくじ・御札などの営業時間

上記時間

川崎大師の初詣イベント

元朝大護摩供(がんちょうおおごまく)
2022年1月1日(土)【元日】
0:00~ 大本堂

初薬師(はつやくし)

2022年1月8日(土)
晨朝大護摩供終了後 薬師殿

成人式身上安全祈祷(せいじんしきみのうえあんぜんきとう)
2022年1月10日(月・祝)
護持志納受付所 特設祈願所

初大師(はつだいし)
2022年1月20日(木)・21日(金

初不動(はつふどう)
2022年1月28日(金)
15:00 不動堂

詳しくは公式HPでご確認ください。
https://www.kawasakidaishi.com/index.html

川崎大師初詣2023屋台はいつまで?営業時間は

川崎大師の初詣にあわせて屋台は
仲見世通り
表参道
境内
で数多くの出店がならびます。

川崎大師の初詣の屋台はいつまで?

屋台はお正月の「3が日」がピークですが
1月4日以降も出店しているお店もたくさんあります。

屋台の営業時間は大晦日から元旦にかけては多くのお店が24時間営業しますが

1月2日以降は10時頃~22時頃までの営業なるお店が多いようです。

また川崎大師では毎月20日と21日に縁日が行われていますので
1月の20日と21日に初詣に行くと屋台を楽しむことができます。

川崎大師の初詣おすすめの屋台は>

にごり酒とおでん からあげ
元祖特製七味とうがらし
佐賀牛串 大学いも サムギョプサル巻き
ケバブ りんごあめ キムチ
飲み屋台など様々な屋台が並びます。

川崎大師のおすすめ屋台の口コミ

Twitter1

Twitter2

川崎大師へのアクセスと駐車場

川崎大師の初詣期間は道路の混雑や交通規制があるため電車などの公共交通機関を使って初詣の参拝に行くことをおすすめすします。

電車
京急川崎駅より大師線に乗り換え、川崎大師駅下車、徒歩8分。
【埼玉・千葉・東京方面からお越しの方】
JR品川駅にて京浜急行に乗り換えると便利です。

【鎌倉・横浜方面からお越しの方】
JR横浜駅にて京浜急行に乗り換えると便利です。

【羽田空港からお越しの方】
京浜急行・エアポート急行横浜方面行きに乗ると便利です。

バス
JR川崎駅東口バス乗り場7番・川崎鶴見臨港バス[川23系統]大師行き。
大師バス停下車、徒歩8分。

川崎大師近くの駐車場

川崎大師付近の駐車場 MAPはこちら

川崎大師周辺の交通規制

川崎大師の初詣期間中は交通規制があり、川崎大師周辺の道路はで車の進入が禁止となるところがありますので注意しましょう。

交通規制の情報
https://kawasakidaishi.com/

川崎大師初詣口コミ

まとめ

川崎大師は全国でも参拝客数4位を誇る人気の初詣スポットです。
当然3が日は参拝客で超混雑状態なので行くなら
4日以降がおすすめです。
また川崎大師では1月20日と21日は縁日が行われます。このときには屋台も出ますのでこの日に初詣に行くという手もあります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次